お知らせ

2018年11月18日

11月3週目の紅・黄葉いろいろ ~11月18日版~

園内の紅葉シーズンは中盤になり、モミジバフウなどが見ごろを過ぎたものの、トウカエデ、クヌギ、コナラ、ウワミズザクラ、ミズキ、ニシキギなどが見ごろになっています。

これから12月上旬にかけて、メタセコイア、ヤマグワ、アカメガシワ、ダンコウバイ、クロモジなどの様々な木々が見ごろを迎えていきます。
小山内裏公園181118ウワミズザクラ黄葉 (1).jpg ウワミズザクラ 黄色く染まることが多いですが、赤みがかった色合いになることもあります。4月下旬頃、白いブラシ状の花穂が見られます。
小山内裏公園181118クヌギ黄葉 (1).jpg クヌギ 細長い葉のへりに針状のとげがたくさんあります。初め黄色く色づいてから淡い赤茶色に染まることが多いです。丸いどんぐりがなります。
小山内裏公園181118ナツツバキ紅葉 (1).jpg ナツツバキ 6月後半頃に白い花が咲きます。園内ではパークセンターから水辺広場に向かう坂の手前のソシンロウバイの隣などに植栽されています。
小山内裏公園181118ヤマザクラ紅葉 (1).jpg ヤマザクラ 大半は落葉してしまいましたが、一部の葉が赤く染まっていました。雑木林に多く自生している他、尾根緑道などに植栽もされています。
小山内裏公園181118トウカエデ紅葉 (1).jpg トウカエデ 園内では南広場に植栽されており、葉は毎年秋に鮮やかに赤く染まります。見ごろは今月いっぱいです。

ページの先頭へ戻る