お知らせ

2018年11月18日

11月3週目の動植物いろいろ ~11月18日版~

花は少なくなりましたが、下記の他にもハキダメギクや、花壇のコウテイダリア、尾根緑道沿いなどのサザンカ、野草見本園横のツワブキなどが見られます。

昆虫は大半が休眠に入りましたが、暖かい日にハナアブなどが活動します。

野鳥はジョウビタキとアオジに続いてルリビタキが飛来しました。
小山内裏公園181118トキワハゼ (1).jpg トキワハゼの花 花期が春から初冬までと長いです。春から初夏に咲くムラサキサギゴケに似ていますが、花が小さい、群生しない、乾いた場所にも多いなどの違いがあります。
小山内裏公園181118ブタナ (1).jpg ブタナの花 タンポポに似ていますが花がやや小さく、花柄が細長い、葉に白い軟毛が多い、といった特徴があります。明るく草丈の低い場所に多いです。
小山内裏公園181118エナガ (1).jpg エナガ 雑木林で一年中見られる小鳥で、からだとくちばしが小さく尾羽が長いです。群れていることが多く、ジュルル、などと鳴きます。
小山内裏公園181118ハヤシノウマオイ♀.jpg ハヤシノウマオイのメス 8月から見られるキリギリスの仲間です。オスは10月頃まで見られ、夜スイーーッチョ、などと鳴きます。メスは晩秋まで見られます。
小山内裏公園181118カマツカ (1).jpg カマツカの実と紅葉 雑木林に自生する落葉低木~小高木で、葉は秋に赤やオレンジ色、黄色などに染まります。白い花が4月末頃に咲き、秋には赤い実がなります。

ページの先頭へ戻る