お知らせ

2018年10月28日

10月末の花いろいろ ~10月28日版~

雑木林ではコウヤボウキやヤクシソウの花がまだ見られ、明るい草原ではセイタカアワダチソウやアキノノゲシ、キツネノマゴなどがまだ咲いています。

植栽木や花壇の花では今回紹介する以外ではチャノキ、ハギ類などがまだ咲いています。

野草見本園ではリンドウが咲き始めました。あと少しでコウテイダリアも咲くでしょう。
小山内裏公園181028サザンカ (1).jpg サザンカ 園内では尾根緑道沿いやパークセンター近くなどに植栽されています。花期は早春までと長いです。ツバキと違い、花弁がばらばらに散ります。
小山内裏公園181028キチジョウソウ (1).jpg キチジョウソウ 尾根緑道沿いのサンクチュアリのフェンス沿いやパークセンター裏の花壇などで見られます。晩秋に淡い紫色の花が咲きます。
小山内裏公園181028シロダモ雌花と実 (3).jpg シロダモの雌花と赤い実 雌雄異株の常緑高木で、赤い実とクリーム色の花が同時に見られます。葉の裏が白く、初夏に芽吹く若葉も初め白いです。
小山内裏公園181028センブリ (1).jpg センブリ 東京都のレッドデータブックの2010年版の南多摩エリアでEN(絶滅危惧Ⅰ類相当)に指定されていて、白い花が10月末から11月前半頃に咲きます。
小山内裏公園181028ツワブキ (1).jpg ツワブキ 暖かい地方に自生しますが、園内ではパークセンター近くの野草見本園に植栽されているだけです。10月末から11月頃に黄色い花が咲きます。

ページの先頭へ戻る