お知らせ

2018年10月28日

木やつるになる実いろいろ ~10月28日版~

実りの秋を迎え、園内では色とりどりの植物の実が見られます。

これまで紹介した以外では、マユミやサルトリイバラなどの赤い実や、ヤマコウバシなどの黒い実などが目立ちます。

色の美しい実は野鳥に食べられて種子が散布され分布を広げていきます。

その他、風で飛んでいく綿毛や服にくっつく種が出来るものもあります。
小山内裏公園181028トキリマメ (1).jpg トキリマメ マメ科のつる性多年草で、晩秋に赤いさやが割れて中の黒い種が見えるようになります。園内ではパークセンター近くにあります。
小山内裏公園181028ヘクソカズラ (1).jpg ヘクソカズラ つる性多年草で、夏から初秋に白い花が咲き、晩秋に黄色い丸い実がなります。林のへりやフェンス沿いなどに多いです。
小山内裏公園181028ムラサキシキブ (1).jpg ムラサキシキブ 雑木林に自生している落葉低木で、秋に紫色の実がなります。晩秋に葉が黄色く染まります。6月頃にピンク色の花が咲きます。
小山内裏公園181028ヒサカキ (1).jpg ヒサカキ 雑木林に自生する雌雄異株の常緑小高木で、雌株には秋に黒く丸い実が実ります。早春にクリーム色で独特の臭気のある花が咲きます。
小山内裏公園181028サンシュユ (1).jpg サンシュユ 園内では、パークセンター前に1本植栽されているだけで野生のものはありません。早春に黄色い花が咲き、秋には赤い実がなる落葉小高木です。

ページの先頭へ戻る