お知らせ

2018年10月20日

職員によるガイドウォーク ~10月の報告と11月の予定~

10月20日(土)13時から、小山内裏公園職員によるガイドウォークを行いました。

毎月1回、土曜日(通常は第2土曜日)の午後に実施しているこのガイドウォークは、丘陵地レンジャーの案内で園内を散策して季節ごとの自然観察をする企画で、定員は先着20人となっています。

気持ちのよい秋晴れの中で大田切池や鮎道まで散策しながら、バッタの保護のために草を刈り残した区画でヒナバッタなどを観察したり、花壇の花やそこに飛来したチャバネセセリなどのチョウを観察したりしました。

この日は一部の時間を使って初めて里山学芸員さんに野鳥の解説をお願いしましたところ、ちょうど鮎道沿いのガビチョウや大田切池のカルガモが見られました。参加者は12人でした。

11月のガイドウォークはまた第2土曜日になり、10日(土)13時から14時30分までの予定です。参加ご希望の方は当日13時までに小山内裏公園パークセンターの入口にお集まりください。

小雨決行の予定ですが、実施できても天候の悪化などにより途中で中止することもあることをご了承ください。
花壇の花とチョウの観察.jpg 花壇の花とチョウの観察
バッタの保護区の観察.jpg バッタの保護区の観察
鮎道沿いのガビチョウ.jpg 鮎道沿いのガビチョウ
大田切池のカルガモ.jpg 大田切池のカルガモ
里山学芸員による鮎道の野鳥の解説.jpg 里山学芸員による鮎道の野鳥の解説

ページの先頭へ戻る