お知らせ

2018年7月14日

7月中旬の昆虫 ~7月14日版~

園内の林ではニイニイゼミが盛んに鳴いている他、ヒグラシ、アブラゼミ、ミンミンゼミも鳴き始めています。

草原にはバッタの幼虫が見られ、ショウリョウバッタなどは今月下旬頃から成虫になっていきます。

カマキリも幼虫が成長してきました。

ヤブガラシの葉に群がるマメコガネや樹液に群がるカナブンも夏いっぱい見られます。
小山内裏公園180714ハグロトンボ (1).jpg ハグロトンボ はねが黒いトンボで、写真の個体は胴体が金緑色なのでオスです。成虫は6~9月に見られ、幼虫は川の中で暮らします。
小山内裏公園180714アミガサハゴロモ.jpg アミガサハゴロモ(左:幼虫、右:成虫) セミに近い昆虫で、木の汁を吸います。幼虫はおしりからロウ状の物質を出してクジャクの尾のように広がります。成虫はガに似ています。
小山内裏公園180714ジンガサハムシ.jpg ジンガサハムシ 陣笠のようなドーム型をした、金色に輝く美しいハムシの仲間です。ヒルガオ類の葉を食べ、丸い食べ痕を残します。初夏から夏頃見られます。
小山内裏公園180714エゾツユムシ.jpg エゾツユムシ 成虫が7月中旬頃に見られるキリギリスの仲間で、オスは夜にチキチッ、などと鳴きます。ツユムシやセスジツユムシよりからだが太いです。
小山内裏公園180714アブラゼミとその抜け殻2.jpg アブラゼミとその抜け殻 園内で最も多いセミで、例年は7月末から見られますが今年は早くから発生しています。オスはジージリジリ…と勢いよく鳴きます。抜け殻は赤茶色でつやがあります。
抜け殻は丸っこく泥だらけです。

ページの先頭へ戻る