お知らせ

2018年6月25日

6月下旬の植物いろいろ ~6月25日版~

ヤブカンゾウやオオバノトンボソウ、タケニグサなどが咲き始めました。

24日以降は梅雨の中休みとなり、連日夏の暑さが続いています。

園内では今回紹介した他にもアジサイ類やリョウブ、オカトラノオ、ホタルブクロ、ネムノキ、ネジバナなども咲いています。

野草見本園ではアキノタムラソウも咲き始めました。
小山内裏公園180625オオバノトンボソウ.jpg オオバノトンボソウの花 雑木林沿いの園路の脇などで見られるランの仲間で、当公園では保護用の棒を立てるなどして保全に努めています。鮎道沿いなどで7月まで見られます。
小山内裏公園180625オオバコ.jpg オオバコの花 かなり人に踏まれても生きていけるため、他の植物だと踏圧に耐えられない通り道沿いによくあります。花は穂になって咲きます。
小山内裏公園180625エゴノキの実.jpg エゴノキの実 5月に白い花が咲いた後、丸い実が夏に実ります。果肉は有毒ですが、秋になって果肉が干からびると中の種を食べにヤマガラなどの野鳥が訪れます。
小山内裏公園180625マルバアオダモの実 (1).jpg マルバアオダモの実 4月中頃に白い花が咲いた後、細長い実が出来ます。園内では、尾根緑道沿いなどに少し生えています。
小山内裏公園180625チダケサシ.jpg チダケサシの花 やや湿った明るい土手などで見られ、淡いピンク色の花穂が6月下旬から7月初め頃に見られます。園内では、里山広場から尾根緑道に上がる階段脇などで見られます。

ページの先頭へ戻る