お知らせ

2018年5月12日

5月2週目の花いろいろ ~5月12日版~

園内の春の花は引き続き例年より10日から2週間ほど早いペースで咲いています。

ホオノキやオカタツナミソウ、フタリシズカなどの見ごろはすでに終わり、エゴノキやガマズミ、スイカズラ、ヤマボウシの花が見ごろです。

ハコネウツギやサラサウツギ、ドクダミなども咲き始めました。

小山内裏公園180512サイハイラン (1).jpg サイハイラン 花穂を昔の戦で使われた采配に見立ててこの名がつきました。花期は例年5月下旬から6月初めですが、今年は2週間ほど早く咲きました。
小山内裏公園180512ギンリョウソウ (2).jpg ギンリョウソウ 葉緑体のない白色の花が例年5月末から6月中旬頃に咲きますが、今年はサンクチュアリの中に早く咲いた群落がありました。
小山内裏公園180512コウゾリナ (1).jpg コウゾリナ 明るい草原や土手に多い、タンポポを細長くしたような草です。茎に赤い剛毛が生えているのが特徴です。花期は4月後半頃からで、秋まで断続的に咲きます。
小山内裏公園180512ハコネウツギ (1).jpg ハコネウツギ 園内では水辺広場などに植栽されている落葉低木で、花は初め白く、後にピンク~赤紫色に変わります。花期は5月中旬から6月上旬頃です。
小山内裏公園180512スイカズラ (1).jpg スイカズラ 雑木林に自生する木性つる植物で、甘い香りの花が咲きます。花期は例年5月後半から6月前半ですが、今年は早いです。花の色は初め白く、後にクリーム色に変わります。

ページの先頭へ戻る