お知らせ

2018年4月29日

4月末の昆虫いろいろ ~4月29日版~

例年なら5月に出現する昆虫がたくさん見られ、クロスジギンヤンマやシオカラトンボがもう飛び始めています。

サンクチュアリ内のアキニレの樹液にはクロヒカゲやコジャノメなどのチョウやスズメバチが飛来しています。

ハルジオンの花にはハナムグリ類やアオスジアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、セセリチョウ類などが訪れます。
小山内裏公園1280429クロヒカゲ (1).jpg クロヒカゲ 4月末から10月まで見られ、樹液を吸います。よく似たヒカゲチョウはもっと色が薄く、5月末から10月初めに見られます。
小山内裏公園1280429コジャノメ.jpg コジャノメ 4月末から9月まで見られ樹液を吸います。よく似たヒメジャノメは6月以降に発生しますが園内ではめったに見られず、色が淡いです。
小山内裏公園1280429コチャバネセセリ.jpg コチャバネセセリ 4月末から5月と真夏の年2回発生します。類似種は多いですが、翅脈(しみゃく。はねのすじのこと。)が明瞭なのが特徴です。
小山内裏公園1280429シオカラトンボ.jpg シオカラトンボの未熟個体 4月末から10月初め頃成虫が見られ、胴体の後ろ側3割弱が黒く、前~中央部はメスと未熟なオスは淡い黄色、成熟したオスは白です。
小山内裏公園1280429ダイミョウセセリ.jpg ダイミョウセセリ よくはねを開いてとまり、花に飛来します。黒地に小さな白紋がありますが、西日本型は後ろばねにも白紋があります。

ページの先頭へ戻る