お知らせ

2018年3月10日

3月2週目の木の花 ~3月10日版~

3月に入ってからの暖かさで、春の花が次々と咲き始めました。


キブシはほぼ平年並み、フサザクラやヒサカキは例年より少し早めの開花です。


すでに見ごろの花のうち、ウメはまもなく盛りを過ぎてしまいますが、アセビ、サンシュユ、ウグイスカグラ、ヒイラギナンテン、カワヅザクラ、ヤドリギはまだ花期が続きます。
小山内裏公園180310キブシ雌花 (1).jpg キブシの雌花 雑木林に自生している他、植栽もされている落葉小高木で、花期は今頃から4月前半までです。雌雄異株ですが、まれに両性花もあります。
小山内裏公園180310ダンコウバイ.jpg ダンコウバイの花 園内では鮎道沿いに1本見られる落葉小高木で、花は3月中旬から下旬頃です。葉は独特の小さな切れ込みが3つあり、よい香りがします。
小山内裏公園180310ヒサカキ (1).jpg ヒサカキの花 園内各所に見られる常緑低木~小高木で、3月中旬~4月上旬頃クリーム色の花が咲きます。雌雄異株で、雌株には秋に黒く丸い実がなります。
小山内裏公園180310ヤドリギの花.jpg ヤドリギの花 エノキなどの木から一部の養分を吸い取りつつ、自分でも光合成で養分を作ります。黄色い花が3月頃咲きます。尾根緑道沿いに1株あります。
小山内裏公園180310フサザクラ (1).jpg フサザクラの花 エンジ色の花には房状のおしべがたくさんあります。園内では大田切歩道橋の向かい側や九反甫谷戸などで見られます。花期は3月中旬から下旬頃です。

ページの先頭へ戻る