お知らせ

2018年2月18日

催しの報告:里山カレッジ講座 ~中級編~冬のバードウォッチング~

2月18日(日)9時から15時まで、小山内裏公園で「里山カレッジ講座 ~中級編~冬のバードウォッチング」を行いました。講師は野鳥カメラマンの叶内拓哉さんです。


初めに室内で今年の冬鳥の個体数が近隣地域では少ないことなどのトピックの講義の後、屋外の野鳥を観察に出かけました。


まずは双眼鏡の使い方を指導してくださり、園路沿いに進むと、大田切池手前でイカルの群れを観察しました。


その後大田切北サンクチュアリ、鮎道、尾根緑道、内裏池横を通り午前中の観察は完了しました。


午後は室内で様々な野鳥のスライドを上映しながら解説をしてくださり、予定通り15時に終了となりました。


やや寒い一日でしたが21種もの鳥が観察出来ました。


里山学芸員の方々も4人参加して手伝ってくださり、充実した観察会となりました。一般参加者は26人でした。

小山内裏公園180218冬のバードウォッチング双眼鏡.jpg 双眼鏡の使い方指導
小山内裏公園180218冬のバードウォッチングイカル観察.jpg イカルの群れの観察
小山内裏公園180218冬のバードウォッチング里山学芸員.jpg 里山学芸員によるお手伝い
小山内裏公園180218冬のバードウォッチング室内.jpg 室内での講義
小山内裏公園180218イカル.jpg イカル

ページの先頭へ戻る