お知らせ

2020年8月14日

フヨウ 真夏の日差しの中で、大輪の花が咲き誇っています。~8/11のボランティア活動報告~

……………・・・‥‥……………・・・‥‥……………‥

代々木公園 樹木のウォッチング・ガイド
  ~ 公園内の木々の季節の姿をお伝えしています ~

【 代々木公園ボランティアの樹木観察情報 8月11日 】

……………・・・‥‥……………・・・‥‥……………‥


◎ 注目情報 ─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

《 今が盛りの花 》
フヨウ(南門脇)
サルスベリ(園内各所)

《 まだ頑張っている花 》
ノリウツギ(渋谷門・南門脇)

《 面白い形の実 》
トウネズミモチ(園内各所)

《 熟し始めた果実 》
アカメガシワ(園内各所)
イチョウ(園内各所)

《 季節情報 》
トウネズミモチ  熟した黒い実の姿が名前の由来ですが、
         和種のネズミモチが楕円形なのに対し、
         中国原産の本種は丸いのが特徴です。
         まだ未熟なので、匂玉のような形です。

202008011_01_フヨウ.jpg フヨウ

真夏の日差しの中で、大輪の花が咲き誇っています。南門脇で見られます。

202008011_02_アカメガシワ.jpg アカメガシワ

アカメガシワの実の皮が剝がれて黒い種が見えています。種の表面には油分が付いているので、鳥たちの大好物です。園内各所で見られます。

202008011_03_イチョウ.jpg イチョウ

熟すのはまだ先ですが、オリンピック宿舎近くの個体でギンナンが黄色く色づき始めました。

202008011_05_ノリウツギ.jpg ノリウツギ

アジサイの花は終わっていますが、近い仲間のノリウツギはまだ頑張って真っ白な花を咲かせています。渋谷門・南門脇の植え込みで見られます。

202008011_10_トウネズミモチ2.jpg トウネズミモチ

まだ緑色の幼果が、よく見ると勾玉のような面白い形に見えます。

ページの先頭へ戻る