お知らせ

2018年8月15日

金唐紙ワークショップ

旧岩崎邸の洋館と撞球室(どうきゅうしつ)を彩る「金唐革紙(きんからかわし)」の世界を体感していただけるワークショップを開催します。貴重な文化財を後世へ伝えていくことの大切さを実感していただける人気のプログラムです。ぜひ、ご参加ください。
2017金唐紙ワークショップ (43).JPG 昨年のワークショップの様子
金唐紙 004.jpg 旧岩崎邸 2階客室の壁紙
1.日 時
  平成30年11月4日(日) 10時00分~16時30分 ※荒天中止

2.会 場
  撞球室前(どうきゅうしつ) 芝庭

3.内 容
  旧岩崎邸庭園洋館と撞球室を修復した際の版木棒を使い、金唐紙の「打ち込み」から「彩色」
  までの工程を体験いただきます。









4.講 師
  金唐紙研究所代表 上田 尚(うえだたかし) 氏
  国選定保存技術保持者・平成24年度旭日双光章受章

5.参加費
  3,500円(材料費)※入園料別途
  ※参加費は事前の振込制となります

6.持物等
  ワニス・絵具等を使用し、屋外で作業を行うため、日除けの帽子のご用意や汚れてもよい服装
  でお越しください。お昼の時間を含みますので、昼食・飲物を各自お持ちください。

7.定 員
  25名 ※事前申込制、定員を上回る場合は抽選

8.申込方法
  往復はがき、または電子メールにてお申し込みください。
  【往復はがき】各面に以下の事項をご記入の上、申込先までお送りください。
  <往信用文面>
  (1)代表者の郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号
  (2)参加者の氏名(1枚のはがきで2名まで申し込みできます。)
  (3)イベント名(金唐紙ワークショップ)
  <返信用宛名面>
   代表者の郵便番号・住所・氏名

  <往信用宛名面>
  〒110-0008 東京都台東区池之端1-3-45
  旧岩崎邸庭園サービスセンター「金唐紙ワークショップ」係

  【電子メール】電子メールに以下の事項をご記入の上、お申込みください。
  (1)代表者の氏名(ふりがな)・電話番号
  (2)参加者の氏名(1件のメールで2名まで申し込みできます。)
  (3)イベント名(金唐紙ワークショップ)
   ≪宛先メールアドレス≫
   2teien-kouza@tokyo-park.or.jp
   ※上記宛先メールアドレスを受け取れる設定にしてください。
 
   
  【締切日】
  平成30年10月5日(金)必着
  ※結果は応募者全員に10月19日(金)までに通知します。返信が届かなかった場合は、
  旧岩崎邸庭園サービスセンター(03-3823-8340)までお問い合わせください。
  ※当選の方に、参加費の支払い方法等をご案内します。


ページの先頭へ戻る