お知らせ

2018年5月17日

【終了しました】「旧岩崎邸にいける」原明子・松田隆作二人展

邸宅内を生花で飾り、往時の華やかな雰囲気を感じていただけます。
歴史ある邸宅といけばなのコラボレーションをお楽しみください。
開催日程  平成30年6月15日(金) 9時から
      平成30年6月17 日(日) 15時まで

場  所  旧岩崎邸庭園 洋館及び和館各所

内  容  いけばな小原流の原明子氏と、コンテンポラリーいけばなアーティスト
      松田隆作氏による花展示。

観覧料等  無料(入園料別途)


<プロフィール>

◆原明子 氏
東京に生まれる。10代でいけばな、20代でフラワーデザインを始める。「日本いけばな文化研究所」にて工藤昌伸先生に師事。
一方、小原流研究院講師として各地でいけばな指導にあたる。国内外でのグループ展に多数参加。
作品集『原明子と花』ほか、ジョサイア・コンドル著『THE FLORAL ART OF JAPAN』の翻訳本『美しい日本のいけばな』工藤恭子訳(講談社)ほか編集協力多数。
公益財団法人 日本いけばな芸術協会 特別会員/一般財団法人 小原流武蔵野支部 参与/原 花愛舎主催

◆松田隆作 氏
1948年兵庫県高砂市に生まれる。
フラワーデザイン、いけばな、コンテンポラリー・アートの分野で作家活動を続ける。国内外での個展、グループ展多数。
作品集『松田隆作 いけばな組曲SUITE:IKEBANA AS LIFE RYUSAKU MATSUDA』(求龍堂)ほか著書多数。
JFTD学園日本フラワーカレッジ講師/マミフラワーデザインスクール専攻科講師/Studio MATSUDA93主宰

ページの先頭へ戻る