お知らせ

2021年5月14日

【休園中の旧古河庭園】開花したバラの様子を紹介します

※この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、旧古河庭園は当面の間休園となります。
ご来園いただくことはできませんが、少しでもご覧いただいている皆様に季節を感じていただければと思い、バラの様子を中心に園内の状況を案内させていただきます。

旧古河庭園210509紫雲(5)(1MB).JPG 紫雲(9日撮影)
旧古河庭園210503メリナ(1)(1MB).JPG メリナ(3日撮影)
旧古河庭園210508ユキサン(1)(1MB).JPG ユキサン(8日撮影)
旧古河庭園210508ゴールデン・メダイヨン(1)(1MB).JPG ゴールデン・メダイヨン(8日撮影)
旧古河庭園210509バラ園(8)(1MB).JPG バラ園と洋館(9日撮影)
春バラは見頃を終え、14日現在は盛りを過ぎました。
庭師達が一年通して一番手をかけて管理してきたバラを少しでも皆様にご覧いただければと思い、ホームページ、Twitterの更新を再開いたしますので、見頃の様子をお楽しみください。

バラは14日時点で65種類の開花を確認しております。

ここでは9日前後の盛りの様子を写真で紹介いたします。
春バラの特徴としては何と言っても花の大きさが挙げられますが、今年も例年通り非常に大きく、遠目から見ても存在感ある咲き姿です。

3・4月の暖かさのせいか、例年より開花がずいぶんと早く、昨年より6日早い見頃となりました。
現在は休園中なのでお写真でお楽しみください。
本当にこの時期は目に映る色全てが鮮やかなので、事態が収束したら是非体感していただきたいです。


撮影日は写真下のコメントにて。
園内状況はツイッター(@kyufurukawa)でもご案内しています。


●洋館・喫茶・茶室の見学や運営等については管理者(公財)大谷美術館へお問い合わせください。(庭園が休園中は休館となります)

ページの先頭へ戻る