お知らせ

2018年5月22日

22日のバラの開花状況【バラは全体の3割程度開花 二番花のつぼみが増えてきました】

現在3割程度の種類のバラの開花を確認しています。
数は少なくなりましたが、一部の二番花が咲き始めました!
早咲きの「ラ・フランス」や「ダブル・ディライト」は現在二番花の見頃を迎えています。
さらに他のバラも二番花のつぼみがかなり目立ってきました。
そして現在遅咲きのバラも見頃。
昨年人気投票1位のシンデレラは現在見頃真っ盛り!
「ドロシー三姉妹」ことドロシーパーキンス三種類も見頃に入り、つるバラは華やか。
当園のバラは6月いっぱいまで咲かせています。まだまだお楽しみいただけますよ!

開花情報を案内いたしますので、ご参考になさってください。
22日現在、開花を確認しているのは
・レディ・メイアン
・ガーデン・パーティー
・フレンチレース
・バニラ・パフューム
・フロージン’82
・カリフォルニア・ドリーミング
・ラ・フランス
・ローラ
・ゴールデン・メダイヨン
・カーディナル
・芳純
・きらり
・フラウ・カール・ドルシュキ
・ニュー・ドーン
・ホワイトドロシーパーキンス
・ドロシーパーキンス
・レッドドロシーパーキンス
・スーパースター
・つるレディ・ヒリンドン
・サハラ’98
・アンジェラ
・ロサ・キネンシス・ヴィリディフローラ
・アルベリック・バルビエ
・シンデレラ
・ハーモニィ
・カクテル
・カインダ・ブルー
・熱情
・ヘルムット・シュミット
・イングリッド・バーグマン
・ダブル・ディライト
・コンラッド・ヘンケル
・緑光
です。
※傷みの激しいものや花数が少ないものは開花していてもカウントしていません。
さらに、園内全域のサツキが見頃となっています。


◆バラの二番花
バラの見頃を見逃した!という方へ、6月のバラをおすすめしています。
実は旧古河庭園のバラは6月いっぱいまで咲かせています。
今回切り戻しをしたバラはまた20~30日後に開花します。
これを「2番花」と言います。
2番花の見頃は例年6月下旬。
今年はバラの開花が早かったので、6月中旬くらいが見頃となりそうです。
しかし、早咲きのバラの二番花の開花が始まりましたので、もっと早くなる可能性もあります。
随時このホームページで開花状況は案内していきます。
さらに6月はお客様の数もぐっと減り、じっくりとバラをお楽しみいただくことが出来ます。
一つ一つの花の大きさは一番花には適いませんが、5月の見頃の時期に匹敵するくらい見ごたえがあります。
6月はバラをお楽しみいただくには絶好の穴場なんです!

バラの写真は22日撮影。


開花状況はこのホームページお知らせ欄かツイッター(@kyufurukawa)でもご案内しています。


●洋館は休館日や貸し切りがございます。洋館・喫茶・茶室の見学や休館日等については管理者(公財)大谷美術館へお問い合わせください。


◆東京北区観光協会さんによるライブカメラが洋館の主寝室に設置されました。
皆さんにもバラの開花状況が良く分かると思います!
ご来園の参考になさってください。

http://www.kanko.city.kita.tokyo.jp/live/

旧古河庭園180522ドロシーパーキンス(1).JPG ドロシーパーキンス
旧古河庭園180522ホワイトドロシーパーキンス.JPG ホワイトドロシーパーキンス
IMG_1540.JPG つるレディ・ヒリンドン
旧古河庭園180522ラ・フランス.JPG ラ・フランスは二番花の見頃

ページの先頭へ戻る