お知らせ

2018年5月30日

旧古河庭園100年記念シンポジウム開催【31日締め切り】

旧古河庭園は大正8年(1919年)に竣工となり、今年100年目を迎えました。
これを記念し、庭と建築の専門家をお招きし、それぞれの観点から当園の魅力をお伝えするシンポジウムを開催します。
パネルディスカッションでは保存・管理の立場から多角的に旧古河庭園の課題を見つめ、未来への指針等を来場の皆様とともに考えていきます。



旧古河庭園100年記念事業シンポジウム
―洋風庭園と日本庭園・建築との美的融合 旧古河庭園100年―

◆日時
平成30年6月17日(日)
13時30分~16時30分(開場 13時)

◆場所
北区飛鳥山博物館 講堂
※会場が旧古河庭園ではございませんのでご注意ください

◆内容
(1)講演(各60分)
   ・河東 義之(小山工業高等専門学校名誉教授 工学博士)
   ・粟野 隆(東京農業大学 准教授)

(2)パネルディスカッション(45分)
   ・河東 義之(小山工業高等専門学校名誉教授 工学博士)
   ・粟野 隆(東京農業大学 准教授)
   ・山口 隆太郎(北区教育委員会事務局 北区飛鳥山博物館 学芸員)
    コーディネーター:大内 弘(元建設局東部公園緑地事務所長)

◆定員
80人(応募者多数の場合抽選)

◆申込方法
往復はがきに①代表者氏名②参加者全員(1枚につき2名まで)の住所・氏名・年齢・電話番号をご記入の上、下記までお申し込みください。
【申込先】 〒114-0024 北区西ヶ原1-27-39 
旧古河庭園サービスセンター 「シンポジウム」係
【締切日】 5月31日(木)当日消印有効
※結果は当落に関わらず応募者全員に通知いたします。

◆参加費
500円(資料代)当日徴収いたします
※シンポジウムご参加の方は資料代のみとなりますが、飛鳥山博物館の常設展をご覧になる際は別途観覧料がかかります。

◆協力
北区飛鳥山博物館

飛鳥山博物館1.jpg 会場は飛鳥山博物館です
飛鳥山博物館案内図.jpg

ページの先頭へ戻る