お知らせ

2018年1月22日

1月25日(木)「文化財防火デー」に伴う消防訓練実施のお知らせ

国の名勝に指定されている旧古河庭園では文化財保護のため、1月26日の「文化財防火デー」にちなみ、公益財団法人大谷美術館・滝野川消防署と協働で消防訓練を行います。
訓練実施時間中はご不便をおかけいたしますが、地域の安全と文化財保護及び防災意識向上の視点から必要な訓練となりますので、ご理解の上、ご協力をお願いいたします。

●日時
平成30年1月25日(木)10時~11時
※雨天決行。ただし、規模を縮小して行う場合がございます。

●場所
洋館周辺

●内容
洋館の火災発生を想定し、滝野川消防署と連携して消防訓練を実施します。
地震に伴う火災の発生を想定し、自衛消防隊、滝野川消防署、地元消防団、及び自治会の方々と連携して消火活動を行う訓練を実施します。
                   
※消防訓練の見学だけを希望される場合も、入園料が必要です。
※訓練実施時間中は、園路の一部及び建物への出入りを制限させていただく場合があります。
※ポンプ車からの一斉放水訓練を行いますので、水しぶきが飛んできたり、地面がぬかるんだりする場合があります。あらかじめご了承ください。




【文化財防火デー】
昭和24年1月26日早朝、奈良県の法隆寺にて、昭和の大修理中(昭和9年から昭和60年)金堂で壁画の模写をしていた作業員が保温用に使っていた電気座布団のスイッチを切り忘れたことが原因で火災となり、白鳳時代(7世紀末から8世紀初期)に描かれた十二面壁画が焼損し、社会的に大きな衝撃を与えました。
その後、同年2月には愛媛県の松山城の筒井門等3棟が、6月には北海道の松前城の天守等2棟が焼損しました。
これらの火災によって、文化財を火災などの災害から守ろうという世論が高まり、昭和25年に文化財保護法が制定され、昭和30年から1月26日を文化財防火デーとし、文化財の防火設備の点検と整備を行うとともに、消防演習などを実施して文化財を火災から守る運動を展開するようになりました。
東京消防庁では、この1月26日を中心に放火火災の予防や自衛消防訓練の実施などを行っており、一部の都立庭園では、貴重な文化財を守るため、この時期に合わせて連携した消防訓練等を行っています。

旧古河庭園170125 防災訓練(20).jpg
旧古河庭園170125 防災訓練(15).jpg

ページの先頭へ戻る