お知らせ

2018年4月11日

【六義園】ツツジまもなく見頃です

DSC_0935.JPG 深い赤色が印象的な本霧島
DSC_0941.JPG 樹齢約140年!のオンツツジ
DSC_0951.JPG ドウダンツツジも見頃が続いています
DSC_0968.JPG 足元にはシャガの花も
DSC_0909.JPG 新緑まぶしい庭園とツツジをお楽しみください

六義園のツツジは花数が日ごとに増え、見頃が近づいてきました。
4月15日(土)から開催する「春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~」にあわせて
見頃を迎えそうです。

当園のツツジは約30種1,000株。
現在、開花時期が早いものから順に見頃を迎えています。
現在は深く濃い赤色が目を引く霧島系のツツジが見頃。
これは江戸時代の記録に残されている古品種と呼ばれるもので
江戸ではここ駒込から流行が広まったと言われている、六義園とゆかりの深いツツジです。

そのほか、「灯台躑躅」や「満天星」とあらわされるロマンティックな名前の
ドウダンツツジや、ミツバツツジ、なんと樹齢約140年というモチツツジなどが見頃です。

これから4月末にかけて、様々な色、品種のツツジがどんどん咲いてゆきますので、
ぜひ足を運んでいただき、お気に入りの色を見つけてくださいね。

現在見ごろを迎えているツツジの名所、根津神社へも当園からバスで一本!
当園とあわせてツツジ巡りはいかがですか。



春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ~
平成30年4月14日(土)~5月6日(日)
9時~17時(最終入園16時30分)

★ツツジの特別ガイド
専門家によるツツジの種類や特徴、歴史などの解説を聞きながら園内を巡り、多彩なツツジを鑑賞します。
日時:4月28日(土) 10時30分~、13時15分~(各回約1時間)※雨天中止
集合場所:しだれ桜前広場
講師:小林伸雄氏(島根大学教授)
費用:無料(入園料別途)
参加方法:当日自由参加

★ツツジの解説パネルの展示
六義園にある古品種のツツジ等、江戸の園芸植物として代表的なツツジの魅力を分かりやすく紹介します。
日時:期間中毎日
展示場所:サービスセンター横、園内各所

★庭園ガイド
庭園ガイドボランティアの案内で、園内散策をお楽しみください。
日時:期間中の土日及びゴールデンウィーク期間中(4月28日~5月6日)
各日11時~、14時~(各回60分程度)※荒天中止
集合場所:サービスセンター前及び染井門売札横

※ゴールデンウィーク期間中(4月28日~5月6日)は開園時間を1時間延長し、
18時まで開園いたします(最終入園17時30分)。

ページの先頭へ戻る