お知らせ

2019年12月17日

冬の花

園内のイロハモミジは、ほぼ落葉しましたが、稲田を中心とした田園のエリアでは、わずかに残る紅葉をお楽しみいただけます。


稲田の小川沿いでニホンズイセンが咲き、梅林奥ではソシンロウバイの蕾も膨らみ始め、園内の見どころは、紅葉から冬の花へ。
また、園内各所でサザンカがご覧いただけます。

四季の移り変わりを感じながらの散策はいかがでしょうか?


小石川後楽園は、寛永6年(1629年)の造営開始から390年を迎える都内最古の大名庭園です。
令和2年1月2日(木)から正月開園をし、新春にふさわしい様々な催しを行います。
ぜひ、「大名庭園でお正月」にお出かけください。 
(休園日:令和元年12月29日(日)~ 令和2年1月1日(水))

「大名庭園でお正月」詳しくは
https://www.tokyo-park.or.jp/special/shogatsu/koishikawa.html

小石川後楽園【かわら版】では、園内のいろいろな情報を定期的にお知らせしています!
https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/030/detail/37892.html

集会施設「涵徳亭」、お休み処 「びいどろ茶寮」のご案内
https://www.tokyo-park.or.jp/special/teienshukaijo/02.html

小石川後楽園191217 (6).JPG サザンカ
小石川後楽園191217 (10).JPG ソシンロウバイの蕾(梅林)
小石川後楽園191217 (15).JPG 九八屋付近の紅葉とニホンズイセン
小石川後楽園191217 (17).JPG 赤門付近の紅葉
小石川後楽園191217 (21).JPG 紅葉(八卦堂跡から梅林へ)(12月17日現在)

ページの先頭へ戻る