お知らせ

2019年10月 8日

小石川後楽園 川の景

園内を入って左に歩を進めると、京都嵐山にちなんだ「川の景」が広がります。


その景観と澄んだ川の流れを維持するため、定期的に川底の清掃を行っています。

本日は、当園の庭師と庭園管理作業ボランティアのみなさんにより、デッキブラシで川底の石の汚れを落としたりゴミを浚ったり、河床清掃が行われました。

清掃後の大堰川や西湖では、澄んだ水面に映る景色がお楽しみいただけます。

その上流には、かつて京都の清水寺を模した清水観音堂がありました。関東大震災で焼失し、現在は跡が残るのみですが、眼下の峻険な石組や四季折々の大堰川の眺めが素晴らしい園内の名所のひとつです。


小石川後楽園で、移り行く景色をご堪能ください。


小石川後楽園【かわら版】では、園内のいろいろな情報を定期的にお知らせしています!101号では、水戸徳川家の家紋とフタバアオイのお話など、園内散策に役立つ話題が満載。

最新号は、こちら
https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/030/detail/37892.html


集会施設「涵徳亭」のご案内
https://www.tokyo-park.or.jp/special/teienshukaijo/02.html

小石川後楽園191008 (23)①.JPG ホトトギスが咲きました
小石川後楽園191008 (21)②.JPG 紅葉林からの眺め
小石川後楽園191008 (33).JPG 清水観音堂跡
小石川後楽園191008 (37)③.JPG 龍田川の河床清掃の様子
小石川後楽園191008 (26)①.JPG 清掃後の澄んだ大堰川と緑陰

ページの先頭へ戻る