お知らせ

2019年9月19日

地元小学生による「案山子作り、稲刈り行事」のお知らせ

水戸徳川家の中屋敷(明暦の大火後に上屋敷)の庭として築造された小石川後楽園。水戸黄門として名高い水戸徳川家二代藩主・光圀が、跡取りの綱條(つなえだ)の夫人に「農耕の尊さ」と「農民の苦労」を教えるために作ったとされる稲田があります。その稲田では、昭和50年から地元の小学生により春の田植えと秋の稲刈りを行っています。
本年5月10日に、児童たちが泥だらけになりながら田植えをした稲は、スズメの来襲にも耐え、順調に育っています。昨年の収穫量は約20キロでした。本年の収穫はどのようになるでしょうか。
なお、稲刈りの様子は一般来園者の方々もご覧いただけます。


◆案山子(かかし)作り
  日時  令和元年9月10日(火)10時~11時30分
  場所  松原
  ※雨天時は団体休憩所

◆稲刈り
  日時  令和元年10月3日(木)10時~11時30分
  場所  稲田
  ※雨天の場合は、10月8日(火)の同時刻に実施予定
  ※行事実施の有無については、当日の8時40分以降に小石川後楽園サービスセンターにご確認ください。(03-3811-3015)


★取材をご希望の方は、各行事の2週間前までに小石川後楽園サービスセンター及び文京区立柳町小学校へお問い合わせください。

【ご取材の問い合わせ先】
小石川後楽園サービスセンター(03-3811-3015)
文京区立柳町小学校 副校長 古都(ふるつ)(03-3811-0068)

小石川後楽園180911案山子作り(柳町小) (65).JPG 昨年の案山子(かかし)
小石川後楽園181004稲刈り (17).JPG 稲刈りの様子(昨年)

ページの先頭へ戻る