お知らせ

2019年8月 2日

「紋切りあそび」のご案内

「紋切り(もんきり)」は、江戸時代に流行した、日本伝統のかたちを作る切り紙あそびです。
折りたたんだ紙を型紙にあわせて切り抜いて、やさしく開くと思いがけなくうつくしい「日本のかたち」が生まれます。


日時 2019年8月12日(日) 午前の部 10時~12時/午後の部 13時~15時

※所要時間は15分程度。最終受付は各回終了の30分前まで。
場所 涵徳亭内「別間」
参加費 300円
参加方法 当日自由参加

7種類の型からお好きな型を2つ選んでいただき、はさみを使って折り紙を切り抜きます。
出来上がった紋切りを無地のうちわに貼ってオリジナルうちわをお作りいただけます。
ご一緒に伝統のあそびを楽しんでみませんか?



小石川後楽園190802ハス (9).JPG ハス
小石川後楽園190802レンゲショウマ.JPG レンゲショウマ
CIMG1323.JPG 清水観音堂跡からの眺め
小石川後楽園190802紋切 (1).JPG 「紋切りあそび」で「日本のかたち」を作ってみませんか?
小石川後楽園190802 (53).JPG 大堰川の緑陰

笹刈りを終えたばかりの小廬山の麓、蓮池ではハスの花が、内庭ではスイレンの花が咲いています。ハス、スイレンの花は、午後には閉じてしまいます。午前中の観賞をおすすめします。

庭門を入って右へ進むとレンゲショウマ(蓮華升麻)がご覧いただけます。蕾が膨らみはじめてから、ゆっくり時間をかけて開花する1属1種の日本固有種です。

水辺や緑樹が重なる園路に涼を感じていただける、小石川後楽園にお出かけください。

ページの先頭へ戻る