お知らせ

2019年6月24日

小石川後楽園 初夏の花

本日、小廬山麓の蓮池で、今にも咲きそうなハスの花を1輪見つけました!
ハスの花は例年7月中旬から8月中旬までが見ごろです。


また、内庭ではスイレンがご覧いただけます。
午後には閉じてしまいます。スイレンは午前中の観賞をおすすめします。
その他、神田上水跡の畔ではヤブカンゾウが咲き始め、大堰川付近では
シモツケがご覧いただけます。


雨の日の庭園は、格別の趣があります。

琵琶湖を模したといわれる大泉水に浮かぶ蓬莱島の緑は深みを増し、
龍田川河畔の「駐歩泉」碑の九代藩主斉昭公による篆書も、くっきりと浮かびあがって見えます。
梅雨の季節、緑陰豊かな小石川後楽園で、爽やかなひと時をお過ごしください。

DSC_0002.JPG 最初の1輪がまもなく咲きそうです
小石川後楽園190624②.JPG 内庭のスイレン
小石川後楽園190624⑤.JPG 斉昭公の書による「駐歩泉」碑
小石川後楽園190624③.JPG ヤブカンゾウ
小石川後楽園190624 (16).JPG 雨の蓬莱島

ページの先頭へ戻る