お知らせ

2019年5月14日

田植えが行われました

文京区立柳町小学校5年生による「田植え」が、5月9日に行われました。

光圀公(水戸黄門)が、跡取りである綱條(つなえだ)の公家出身の夫人に、農耕の大切さと農民の苦労を教えるために「田植え」を行なったことに由来する、昭和50年から続く初夏の恒例行事です。
田植えから1週間、稲は元気に育っています。

また、紅葉林から木曽路へ向かう延段脇では、コアジサイの花が、その先の内庭では、スイレンの花がお楽しみいただけます。
スイレンの花は午後には閉じてしまいます。午前中の観賞をおすすめします。

江戸の面影を残す文化財庭園、小石川後楽園で四季折々の景色を楽しみください。 

小石川後楽園190514 (75)①.JPG 愛らしいコアジサイの花 
小石川後楽園190509田植え (73)②.JPG 田植えの様子(5月9日)
小石川後楽園190514 (86)③.JPG 田植えから1週間、すくすく育っています
小石川後楽園190514 (88)④.JPG ハナショウブのつぼみ(5月14日)
小石川後楽園190514 (82).JPG 内庭のスイレンが見ごろに入りました

菖蒲田では、ハナショウブのつぼみも目立つようになりました。
見ごろは5月下旬から6月上旬の見込みです。
ハナショウブの開花にあわせ、今年も「花菖蒲を楽しむ」を開催します。
日時 令和元年5月25日(土)~6月9日(日)
詳しくはhttps://www.tokyo-park.or.jp/announcement/030/detail/43477.html

ページの先頭へ戻る