お知らせ

2019年4月26日

小石川後楽園 田園の景

二十四節気の「穀雨」が到来し、田起こしの済んだ園内の稲田に水が張られ、

田植えの準備が整いつつあります。


小石川後楽園は海、川、山、田園をイメージした4つの領域に分かれます。

稲田を中心とした「田園」周辺には梅林や花菖蒲田、藤棚があり、

例年に比べ花は少なめですが、ただ今フジの花がご覧いただけます。

 
その隣ではカキツバタも咲きはじめ、「八ッ橋と杜若」の風景は、

平安時代の六歌仙の一人に数えられる在原業平の歌を偲ばせる景観です。

また円月橋付近のヒメウツギや、屏風岩周辺の白ツツジが新緑の園内に

彩を添えています。



 平成から令和へ

「御代(みよ)替わり」を迎える今年、

小石川後楽園は造営から390年を迎えます。

歴史の流れを感じられる小石川後楽園にお越しください。

小石川後楽園190426 (4)①.JPG 屏風岩のまわりで白ツツジが咲いています(琉球山)
小石川後楽園190426②.JPG 稲田の奥に藤棚が見えます
小石川後楽園190426 (20)③.JPG カキツバタが咲きはじめました
小石川後楽園190426 (25)④.JPG 雨の梅林
小石川後楽園190426 (7)⑤.JPG 円月橋上のヒメウツギが見ごろです

ゴールデンウィーク期間中の4月27日(土)~5月6日(月・振休)は開園時間を

1時間延長し、18時(最終入園は17時30分)まで、園内をご覧いただけます。
また、会期に合わせて様々なイベントを開催します。

ぜひお越しください。

https://www.tokyo-park.or.jp/event/43205.html



田植えのご案内

https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/030/detail/43407.html

ページの先頭へ戻る