お知らせ

2019年3月14日

春の花が咲いています。

啓蟄が過ぎ、園内各所の松の雪吊りも取り外され、
小石川後楽園に本格的な春が到来しました。

当園は、大泉水を中心にした「回遊式築山泉水庭園」です。
池の周りを歩きながら、春の花々を探してみてはいかがでしょうか。

現在、梅林では遅咲きのウメ‘八重豊後’ 、稲田隣の田端梅林では‘豊後’ 、
団体休憩所や内庭ではカンヒザクラがお楽しみいただけます。

その他、園内を入って右に進むとカタクリの花が咲きはじめ、
丸屋付近ではサンシュユやキブシ、アセビ、愛宕坂脇でシャガがご覧いただけます。

小石川後楽園190314カンヒザクラ(内庭) (4)①.JPG 内庭、団体休憩所のカンヒザクラ
小石川後楽園190314ウメ‘豊後’ (田端梅林) (1)②.JPG 田端梅林のウメ‘豊後’
小石川後楽園190314ウメ‘八重豊後’  (2)⑤.JPG 梅林の‘八重豊後’
小石川後楽園190314 (33)③.JPG 愛宕坂脇のシャガが咲きはじめました
小石川後楽園190314 (40)④.JPG シダレザクラ「馬場桜」は蕾が膨らんできました(3月14日現在)
庭園を入ってすぐに目に飛び込む、シダレザクラ「馬場桜」の蕾が膨らんできました。昨年は、3月15日に開花しました。天候により変わってきますが、本年も数日中に開花の見込みです。

ページの先頭へ戻る