お知らせ

2018年12月26日

早咲きの梅が開花しました。

今年も残りわずかとなりました。
年内は12月28日まで開園します。

小石川後楽園では門松が飾られ、新年を迎える準備が進められています。
寒さのなか梅林では早咲きのウメ‘光圀’が咲きはじめました。

ウメ‘光圀’は「水戸黄門」で知られる徳川光圀公の名に由来します。
光圀公は、紀伝体で書かれた日本最初の史書と言われる『大日本史』を手がけました。
また、日本初の家庭の医学書と言われる『救民妙薬』の編纂も光圀によるとされています。
梅林でいち早く開花するウメ‘光圀’。世に先んじて大業を成した光圀公に相応しい名です。


また、園内ではお正月の縁起物でもあるセンリョウ(千両)やマンリョウ(万両)が豊かに実をつけ、香りよいソシンロウバイの花もお楽しみいただけます。

小石川後楽園181226ウメ’光圀’ ①.JPG 早咲きのウメ’光圀’が咲きはじめました
小石川後楽園181226ソシンロウバイ②.JPG ソシンロウバイは梅林の一番奥です
小石川後楽園181226ニホンズイセン③.JPG 稲田の畔や梅林に咲くニホンズイセン
小石川後楽園181226センリョウ(西行堂跡④.JPG 西行堂跡のセンリョウ
小石川後楽園181226門松⑤.JPG 正月は2日から開園いたします

本年、小石川後楽園にご来園いただき、誠にありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

新年は1月2日より開園し、新春にふさわしい様々な催しを行います。

小石川後楽園 年末年始の休園期間 2018年12月29日~2019年1月1日

「大名庭園でお正月」詳しくは

https://www.tokyo-park.or.jp/announcement/030/detail/42449.html

ページの先頭へ戻る