お知らせ

2018年11月14日

深まりゆく秋

本日は、イチョウの黄葉が清澄な空に映えて鮮やかです。


江戸時代初期の作庭より、小石川の地に甚大な被害をもたらした安政2年10月2日(1855年11月11日)の大地震や、大正時代の関東大震災にも耐え、今に伝わる小石川後楽園の紅葉の季節が、今年も始まろうとしています。


紅葉林や通天橋付近の紅葉の見ごろは、11月後半からの見込みですが、紅葉の時期にあわせて、今週末11月17日から「深山紅葉を楽しむ」が始まります。日を追うごとに深まりゆく小石川後楽園の秋をお楽しみください。


「深山紅葉を楽しむ」


開催日時  平成30年11月17日(土)~12月2日(日)

詳しくは https://www.tokyo-park.or.jp/event/41638.html

小石川後楽園181114①.JPG 仮橋上のモミジと蓬莱島
小石川後楽園181114②.JPG 野筋の菰巻きとイチョウ
小石川後楽園181114③.JPG ケヤキと蓬莱島
小石川後楽園181114④.JPG 陽に輝く梅林と「藤田東湖護母致命之処」碑
小石川後楽園181114⑤.JPG 西湖の紅葉と渡月橋

ページの先頭へ戻る