お知らせ

2018年5月 7日

【平成30年5月13日(日)開催!】浜離宮恩賜庭園「水辺のいきもの観察会」

 浜離宮恩賜庭園は、江戸時代から続く庭園では都内で唯一、海水を池に引き入れた庭園で、文化財として特別名勝・特別史跡にも指定されています。周囲の開発が進む中、江戸時代から守られてきた当園の「潮入の池」に住む生物を中心に観察し、生態系や水環境を通じて、当園の歴史や「特性」を知っていただくイベントを開催いたします。

○開催日:

 平成30年5月13日(日) 10時~12時 ※小雨決行・荒天中止
 

○場所:

 浜離宮恩賜庭園内

○参加方法:

 小学生以上の方、当日自由参加(参加費無料 ※入園料別途)

 ※ただし、小学生の方は保護者の方の付き添いをお願いいたします。

○集合場所:

 花木園

○内容:

10時~11時:
当園職員と「潮入の池」・「水門」・「新銭座鴨場」などを中心に園内を周りながら、生物観察を行います。

(休憩約10分)

11時10分~12時:
花木園で、当園の魚などを中心に観察。また、外来生物等生態系に関わるお話をします。

12時:
解散
 

主催:公益財団法人東京都公園協会

協力:NPO水辺と生物環境保全推進機構

お問い合わせ:
Tel: 03-3541-0200(浜離宮恩賜庭園サービスセンター)

ページの先頭へ戻る