お知らせ

2018年3月 2日

早咲きのウメと一部のナノハナが見頃を迎えました!

 「お花畑」のナノハナが一部見頃を迎えています。天気の良い日には、黄色い花がおひさまの光を受けて、まばゆいばかりの明るさになります。ミツバチもたまに飛んできており、ナノハナに近づくと羽音が聞こえてくることがあります。

 ウメも次々と花をつけています。「お花畑」から「旧稲生神社」にかけて、「花木園」やサービスセンター周辺のものも見頃を迎えています。「梅林」では全部咲き揃ってはいませんが、1本単位で見ると、満開に近い状態の木もあります。ウメの花からはとてもよい香りが漂ってきます。それに、一本の木に白と紅二色の花を咲かせる「オモイノママ(思いのまま)」と、花の萼が緑色がかった「リョクガク(緑萼)」という品種のウメも咲き始めました。

 そのほかに、スイセン・ツバキ・アセビ・サンシュユ・カンヒザクラ(咲き始め)などもお楽しみ頂けますので、ぜひ、庭園内の季節のお花を視覚と嗅覚でたっぷりとお楽しみ下さい。
ナノハナとウメの競演①.jpg お花畑で一部見頃を迎えたナノハナと周辺のウメとの競演をお楽しみください
カンヒザクラ.jpg カンヒザクラ(花木園)
オモイノママ.jpg オモイノママ(梅林)
リョクガク.jpg リョクガク(梅林)

ページの先頭へ戻る