お知らせ

2016年11月 1日

園内を楽しむ特別なガイド 庭屋一如(ていおくいちにょ) 浜離宮恩賜庭園 「将軍が楽しんだ浜御庭をめぐる

 浜離宮恩賜庭園は、国の特別名勝・特別史跡に指定された貴重な庭園で、代々の徳川将軍によって手を入れられた歴史を持ちます。

 平成22年度に「松の御茶屋」、平成27年度には「燕の御茶屋」が復元され、十一代将軍の頃の景観が園内によみがえってきています。

 今回は、将軍やその家臣などの庭園の楽しみ方を紹介しながら、庭園ガイドボランティアが園内の要所をご案内し、回遊式庭園の醍醐味でもある「景色(景観)の変化」をお楽しみいただきます。

※庭屋一如(ていおくいちにょ)とは...
  庭と建物一つのものの如し、という庭園と建物の調和を表す言葉です。

〇日時
  
  平成28年11月2日(水)、4日(金) 各日4回 ※雨天中止

  (1)10時~12時

  (2)10時45分~12時45分

  (3)13時~15時

  (4)13時45分~15時45分

〇参加費

  720円(入園料別途、抹茶・季節の和菓子付)

〇定員

  各回10名(中学生以上の、最初から最後までご参加いただける方が対象となります)

〇参加方法

  電話にて先着順受付 ※空きがある場合のみ当日受付を行います。

   
☎03-3541-0200(浜離宮恩賜庭園サービスセンター)

〇集合場所

  「三百年の松」の前に開始時間5分前にご集合ください。

〇その他

  園内各所をまわり、途中建物内部の見学のため靴を脱ぐところがあります。

  建物保護のため、以下の注意事項にご協力ください。

  ●内部の壁や調度品に触ることはできません。

  ●室内での三脚や一脚の使用はできません。

  ●手荷物は所定の場所に置いていただき、ご覧ください。

  ●靴を脱いでのご見学となります。入室時には靴下の着用をお願いいたします。

茶屋群.jpg 御茶屋群(左から中島の御茶屋、燕の御茶屋、松の御茶屋)

ページの先頭へ戻る