お知らせ

2020年10月25日

葛西臨海公園 野鳥写真展 展示作品募集

葛西臨海公園では、多くの方に葛西の自然を広く知っていただくため、みなさんから作品を募り、下記の要領で「葛西臨海公園 野鳥写真展」を開催いたします。
つきましては、葛西臨海公園や葛西海浜公園で撮影した野鳥の写真を募集します。
どなたでもご参加可能です。みなさまのご応募、お待ちしております。
野鳥写真展開催チラシ.jpg
■展示期間  :令和3年1月上旬~3月下旬(予定)

■展示場所  :鳥類園ウォッチングセンター屋外壁面(予定)

■作品応募期間:令和2年11月1日(日)から令和2年12月28日(月)まで

■作品提出先 :占用ォームにて受付(占用フォームへのリンクはこちら)    
       ※占用フォームでの応募が難しい場合はサービスセンターにご相談ください。

■実施要領  :下記の通り


1.写真のテーマ
 葛西臨海公園または葛西海浜公園内の自然を写したもの。作品の条件については別途定める。

2.著作権の帰属
 作品についての著作権は撮影者に帰属する。撮影者は葛西臨海公園サービスセンターが公園および当イベントの広報宣伝などの業務目的で応募作品を無償で使用する権利を有することを承諾する。応募者が他人の著作権や肖像権を侵害した場合、そのことに関するトラブルについて主催者は一切の責任を負わないこととする。

3.表題票記載事項の公表について
 表題票に記載する以下の事項については、応募作品展示の際に表題票を付して公表することとする。
  ・撮影者名(フルネーム・姓のみ・名のみ・雅号・ペンネーム可)
  ・お住まい(都道府県名・区市町村名)
  ・題名
  ・種名、雌雄
  ・撮影した公園名
  ・撮影日
  ・作品についてのコメント

4.応募点数について
 1人当たり3点までを上限とする。同一の人から3枚以上の応募があった場合は主催者の判断で3枚を選定する。
 なお、応募総数が多く展示スペースが不足した場合は主催者の判断で展示を1人当たり1枚に制限することがある。

5.展示について
 応募作品はA4版に印刷して展示する。新型コロナウィルス感染症対策により、展示室等の鳥類園ウォッチングセンター屋内施設が使用できないため、屋外壁面での簡易展示とする。展示作品の盗難、破損、劣化については主催者は責任を負わないこととする。

6.応募作品の条件
 応募作品は下記の条件を全て満たしたものとする。主催者が下記の条件を満たしていないと判断した場合は展示を行わないこととし、その場合、主催者から応募者に対して連絡や説明は行わないものとする。
 ・応募者本人がすべての著作権を有するもの
 ・葛西臨海公園または葛西海浜公園で撮影したもの
 ・自然に親しみ、自然を大切にする心に反しないこと
 ・被写体は野生の鳥類または葛西臨海公園、葛西海浜公園の自然の景色であること
 (家畜およびペットは被写体の対象外)
 ・被写体に対して虐待等の行為がないこと
 ・被写体を誘引していないこと
 (餌付けや音声その他による誘引を行っているものは不可)
 ・合成または偽装したものでないこと(適度な加工処理は可)
 ・架空でないもの、事実に反しないもの
 ・誹謗中傷を含まないもの
 ・損壊や盗み、侵入など、不法行為を伴った撮影等ではないこと
 ・公序良俗に反しないこと
 ・本人が撮影または作成したものであること(他人の画像の無断応募は不可)
 ・他で未発表のものであるかは問わない(過去に発表済みの作品も可)
 ・撮影日は応募締め切り日以前のものであれば過去のものでも可

7.個人情報の取扱いについて
 お申込みの際に頂いた個人情報につきましては、当キャンペーンに関わるご案内のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その取り扱いについて万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示提供することはございません。但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。

8.主催等
 ・主催:葛西臨海公園サービスセンター(指定管理者:公益財団法人東京都公園協会)
 ・共催:葛西東渚・鳥類園友の会、NPO法人生態教育センター


問合せ先:葛西臨海公園サービスセンター(電話03-5696-1331)

ページの先頭へ戻る