お知らせ

2014年5月21日

「善福寺公園の野鳥を見て、描いてみよう!」開催のお知らせ

 今では日本各地で行われている野鳥観察会ですが、ちょうど80年前の6月3日に、日本で最初の「探鳥会」が開催されました。
 この会を主催した日本野鳥の会の設立者である、中西悟堂氏は当時善福寺池を拠点に、野鳥の観察を行なっていました。
 この記念すべき6月3日に野鳥を観察して、鳥の絵も描いてみませんか。
 講師には、この地に生まれ野鳥を観察してきた、谷口高司さんをお迎えします。
 谷口さんは、野鳥図鑑画家として、国内外で活躍されています。先生の”タマゴ式”描写法で、誰でも楽しく野鳥が描けるようになり、観察の楽しみも広がります。ぜひご参加下さい。

日  時:平成26年6月3日(火)午前9時~11時
     (小雨決行・雨天時4日に順延)
場  所:都立善福寺公園 ボート場前に集合
・タイムスケジュール:8:45~受付開始
           9:00~10:00 野鳥観察
          10:00~11:00 デッサン講座
・講 師:野鳥図鑑画家 谷口高司氏
・定 員:先着50名
・参加費:50円(保険代)
・持参するもの:双眼鏡(お持ちの方)・水分補給できるもの
・その他:観察会のあとはデッサン講座(鉛筆で描く)を行います。
     ※デッサン講座に使う、鉛筆・用紙等はセンターで用意します。
・申込方法:事前予約(下記窓口に直接又は電話で)
        善福寺公園サービスセンター
        Tel 03-3396-0825
 ※ 善福寺公園ミニギャラリーでは、谷口氏による「善福寺池野鳥今昔~谷口高司野鳥          原画展~」を5月26日(月)~6月15日(日)まで開催いたします。
140518カルガモ (1).JPG 下の池のカルガモ親子 2014.5.18スイレンが咲く下の池で撮影

ページの先頭へ戻る