お知らせ

2019年7月 9日

【7月28日開催】蘆花恒春園かやぶきコンサート

蘆花恒春園かやぶきコンサート

蘆花恒春園では、ご好評をいただいている「かやぶきコンサート」を開催します。
今年度の第二弾は、ポップスバンド『RATEL』による演奏です。
バックボーンの異なる4人がアイデアを持ち寄り、個性を融合させ練り上げたオリジナル曲は、
洗練されたサウンドとポップなフィーリングも持ち合わせる演奏です。
夏の午後のひとときを、爽やかな音楽とともにお過ごしください♪~。

※ご参加のお客様へ
観客席は屋外となります。蚊の防除のため、長袖・長ズボン等の着用をお勧めします。
また、熱中症予防のため、帽子や飲み物をお持ちいただくようお願いいたします。

【日  時】 2019年7月28日(日) 13:30~15:00
       ※荒天中止

【会  場】 蘆花恒春園 梅花書屋前

【参加方法】 当日、直接会場にお越しください。 ※参加費無料

【出  演】 ポップスバンド『RATEL』 
       坂田明奈(サックス)
       杉浦隆 (ベース)
       浜野滋 (ドラム)
       ハナブサユウキ(キーボード:ゲスト出演)
      
坂田明奈.jpg 坂田明奈(サックス)
杉浦睦.jpg 杉浦睦(ベース)
浜野滋.jpg 浜野滋(ドラム)
ハナブサユウキ.jpg ハナブサユウキ(キーボード)

【出演者プロフィール】


坂田明奈
(サックス)
1987年、奈良県生まれ。
建築家の父、ピアノの先生の母、短歌を詠む祖母のもと、ピアノ、ダンス、絵を描いたりし、自由に育つ。
家業を継ごうと大阪工業大学建築学科卒業後、設計事務所に就職するが、8か月で退職。
23歳でミュージシャンに転身。2年後に『熱烈ホーンズコンテスト』(サックス&ブラス・マガジン主催)においてグランプリを獲得し、これを機に活動拠点を東京に移す。インストバンドRATELとしても活動し、2枚のアルバムを発表。
2016年からサックス専門誌「サックス・ワールド」にて、”坂田明奈のいまさら聞けない?サックス超初級セミナー”の講師として連載中。
第一線で活躍するミュージシャンとのセッションを重ね自身の表現に磨きをかけている。


杉浦睦
(ベース)
15歳の時に友人の影響でベースを始める。16歳で教室に通い始め本格的にプロを志し、高校卒業と同時に専門学校国際新堀芸術学院へ進学。
在学時は泉幸敏に師事し、Jazz・Funk・Fusion・R&Bなどに興味を持つ。また学校の代表バンドに2年連続で選抜され、川崎のクラブチッタで行われる同校主催のバンドコンテストではベストベーシスト賞を受賞。
卒業後は作曲・編曲も手掛けるギタリスト池辺直也氏に師事し、音楽理論や技術アンサンブルなどを教わりながら、プロミュージシャンとしての活動も開始。
現在までに横浜アリーナでの演奏やPlaywrightレーベルからリリースされたSilent Jazz Case3への参加、ツアーサポート、2.5次元ミュージカル信長の野望~炎舞~や風雲新選組の劇伴など、様々な現場での演奏を経験。
Jazz~Rockまでジャンルを問わず様々な場所で演奏を行い、年間100本以上の演奏をこなす。主な演奏活動はミュージカル演奏、様々なミュージシャンのサポート、ベース講師、レコーディング、セッションライブ、セッションホストなど精力的に展開中。



浜野滋
(ドラム)
14歳よりドラムを始める。15歳からアランドーソンメソッドの水野オサミ氏に師事し、基礎・読譜・ポリリズムなどを学ぶ。
高校時代はRockやPops、大学時代にはブラックミュージックと出会い、R&Bやファンク、Soulを中心に演奏活動を行う。
大学卒業後、バークリー音楽大学のオーディションに合格し渡米。Terri Lyne Carrygton(Jazz)、Mark Walker(Latin)、
D.Parks(Hip Hop)各氏に師事した。
帰国後は様々なライブ、ツアー、レコーディングと並行して自宅スタジオにてプライベートレッスンを行う。

主な共演者
高橋みなみ、平井堅、織田哲郎、松任谷正隆、Kis-My-Ft2、上間綾乃、滴草由実、
宏美、為岡そのみ、杏子、福井舞、吉田博、
CLIFF EGGE、THERiCECOOKERS etc..


ハナブサユウキ(キーボード:ゲスト出演)
千葉県出身。
幼少期よりクラシックピアノを始め、大学進学を機にキーボーディストへ転向。
2014年よりプロミュージシャンとして活動開始。
Pops、R&B、Rock、Jazz等ジャンルを問わず幅広いシーンでの演奏に絶大な信頼を得る。
2016年VictorよりBackside Smith from WEFUNKとしてメジャーデビュー。
これまでに、山下智久、藤原紀香、オーイシマサヨシ(敬称略)を始めとした数々のアーティストとセッションを重ねる。






ページの先頭へ戻る