メイン画像

開園初期の井の頭公園((公財)東京都公園協会提供)

都立井の頭恩賜公園(井の頭公園)は、大正6年に開園した日本最初の郊外公園です。開園当初は深い森に覆われ、澄んだ湧き水が湧くような自然豊かな場所でした。池の湧き水が神田上水の水源であったことが、「井の頭」の由来といわれています。

現代では、住宅街に隣接する貴重な緑であるだけでなく、アート活動や運動、レクリエーションの場として癒しの空間となっています。井の頭公園では美しい公園を未来へつなぐために、「かいぼり」等によって水質の改善や外来種対策を行っています。

2023年に都市公園制度が誕生して150周年を迎えたことを記念して、井の頭公園の地元の小学生を対象に、絵画コンクールを開催しました。


コンクールタイトル
  • 作品のテーマ    「100年後の井の頭公園」
  • 募集期間          小学校の夏休み期間中
  • 募集対象          井の頭公園周辺の小学校3年生と4年生
  • 応募作品          406作品

応募作品

応募いただいた作品のなかから、全14作品を選出しましたので公表します。

コンクールに参加いただいた皆様、素敵な作品を応募いただきありがとうございました!

応募

最優秀賞(2作品)

画像
3年生 薗田 瑛太さん
画像
3年生 糟谷 美月さん

武蔵野市

優秀賞
画像
3年生 神谷 碧さん
 
画像
3年生 吉田 実佳さん
 
画像
3年生 伊藤 詩穂さん
画像
3年生 林 凛さん
画像
3年生 村山 琴乃さん
画像
4年生 福倉 蒼大さん

三鷹市

画像
4年生 荒堀 明花さん
画像
4年生 大澤 瑛馬さん
画像
4年生 穴井 へてるさん
画像
3年生 矢吹 紗羅さん
画像
4年生 阿部 菜々子さん
画像
3年生 井上 綾夏さん