ページ内移動用のメニューです。


特集コンテンツ 東京水辺百景フォトコンテスト

第四回受賞作品

金賞

作品タイトル

「荒川ロックゲートをくぐる」

受賞者

多和 裕二

審査委員コメント

真正面から力強く撮っているのが、栄冠をかちえた要因の1つ。
日にちが限定されている航路を、よく粘って撮影していて、感心した。
お客さんもたくさん乗っているし、非常に明るく楽しい写真。

写真を拡大して見る

銀賞

作品タイトル

「楽しい船旅」

受賞者佐々木 浅雄

審査委員コメント

赤い橋を、天気に影響されずに力強く表現したのが、この作品の最も素晴しいところ。
構図、シャッターチャンスも抜群。

写真を拡大して見る

作品タイトル

「赤い花と水上バス」

受賞者田中 和夫

審査委員コメント

ちょっと見には外国の風景のよう。写っている人も、外国人が颯爽と歩いているところを写している。
特に、水辺と言うと橋がよく出てくるが、橋を意識せず、花の方を手前に入れていて、おもしろい構図となっている。ちょっとエキゾチックで、天気も良く、いい風景になっている。

写真を拡大して見る

銅賞

作品タイトル

「太陽のいたづら」

受賞者

村山 勝治

写真を拡大して見る

審査委員コメント

構図がとても良く、逆光をうまく利用していて、シャッターチャンスも非常に優れている。
余分なものが無く、人口海岸の素晴しさが表現されている。

作品タイトル

「桜の発着場」

受賞者

端 美和子

写真を拡大して見る

審査委員コメント

騒々しい感じの花見の写真が多いが、この写真は何か静かな感じのする素晴しい写真。

作品タイトル

「あわててカシャ!」

受賞者

藤村 泰子

写真を拡大して見る

審査委員コメント

あわててシャッターを押したため地平線も曲がっているが、これはこれで面白い着想。
1艘の水上バスと5台の水上オートバイの疾走する姿を見事にとらえている。

作品タイトル

「レインボーブリッジ」

受賞者

古口 正巳

写真を拡大して見る

審査委員コメント

水が1滴も写っていない写真を、よくこういった構図で撮ってもらいました。
シャッターチャンスもやってできる事ではないし、やらないとこういう面白みは出てこない。

作品タイトル

「羽ばたけ」

受賞者

前嶋 知子

写真を拡大して見る

審査委員コメント

東京スカイツリーの行く先を祝っているような、少女と鳥が戯れている、とても明るい写真。
季節も春で、桜が咲いている良い時期。人も鳥も喜んで羽ばたいている。

  • 東京都公園協会のご案内
  • サイトポリシー・ガイダンス
  • 個人情報取り扱いについて