ページ内移動用のメニューです。


特集コンテンツ 東京水辺百景フォトコンテスト

第三回受賞作品

金賞

作品タイトル

「曲線を描いて」

受賞者

本橋 省吾

審査委員コメント

コンテストの趣旨に合致し天候、構図、水上バスが描く波の形、露出、ピント等の条件がピッタリで撮影者のねばりを感じる。

写真を拡大して見る

銀賞

作品タイトル

「出航間近」

受賞者永島 栄寿

審査委員コメント

今までにない、非常に力強い作品。アングルを捉えて、粘って、考えて、撮られたもの。
この受賞を機に、非常に力強い力作が集まってくることを期待する。

写真を拡大して見る

作品タイトル

「秋空のクルージング」

受賞者大塚 久

審査委員コメント

秋の感じが良く出ている。陸地も、船の上も、のんびりと楽しげで、良い作品。

写真を拡大して見る

銅賞

作品タイトル

「光のリボン」

受賞者

柳下 瑞希

写真を拡大して見る

審査委員コメント

水辺定番の写真。少し夜に入った、光を生かし、とても良い時間に撮影している。

作品タイトル

「船で見た月」

受賞者

村松 芳治

写真を拡大して見る

審査委員コメント

暗い時間を狙い、建物と月がマッチしている良いシチュエーション。
強いて言えば、暗くて海辺が良く見えないこと。時間を考えると、もっと上位になれる。

作品タイトル

「ガンダムのある風景」

受賞者小林 眞

写真を拡大して見る

審査委員コメント

今年、最も話題になった被写体。人も集まり、ガンダムの大きさ、船の位置等、他のガンダムを捉えた作品と比べても、良いアングルで撮っている。

作品タイトル

「春うらら」

受賞者槇野 弘二

写真を拡大して見る

審査委員コメント

非常にまとまりが良い。船の全景を撮らずに前後をカットし、人物に焦点を当てている。
撮影者の意図がよく表れていている。

作品タイトル

「川風に吹かれて」

受賞者村山 勝治

写真を拡大して見る

審査委員コメント

水上バスの船旅を楽しんでいる様子を良く捉えている。はしゃぎ過ぎでもなく、つまらなそうでもなく、大げさでないところが良い。

  • 東京都公園協会のご案内
  • サイトポリシー・ガイダンス
  • 個人情報取り扱いについて