ページ内移動用のメニューです。


安全への取り組み

安全方針

公益財団法人東京都公園協会は、「輸送の安全確保は最大のサービス」の認識のもと、次の安全方針により、安全運航に取り組みます。

  1. 旅客船事業者として、常に「安全第一」を念頭において旅客運送事業を行います。
  2. 関係法令等及び安全管理規程を遵守します。
  3. 安全管理体制の定期的な見直しを行い、継続的に改善に努めます。

公益財団法人 東京都公園協会
理事長  佐野 克彦

平成31年度安全重点施策

目標 取組計画
1 安全方針等の周知徹底を図り、陸上スタッフ及び乗組員の安全意識の浸透と理解度を高める。 ・あらゆる機会を捉えて安全方針等の周知徹底を図るとともに、アンケート調査を行うなどして理解度・浸透度を把握し、安全意識の向上を図る。
2 実効性のある教育・訓練を実施しするとともに、陸上スタッフと乗組員の連携を強化して事故防止の徹底を図る。 ・安全管理体制の構築・改善に必要な教育・訓練等を定期的に実施する。
・陸上スタッフ及び乗組員を対象とした全体ミーティングを年1回以上実施し、意見交換を行うとともに、安全管理規程及び関係法令等の遵守の重要性を周知徹底する。
・繁忙期及び夏季等の多客期に安全週間、安全月間を設定し、陸上スタッフと乗組員がコミュニケーションを取りながら連携して事故防止に取り組む。
3 ヒヤリ・ハット情報を積極的に収集・分析するとともに、水上バス事業者等と情報交換を行い、事故防止に努める。 ・ヒヤリ・ハット情報を収集・分析して原因究明を図るとともに、相手船がある場合は当該事業者と対応策を検討するなどして再発防止に努める。
・運航事業者間において、ヒヤリ・ハット情報の共有を図ります。運航事業者間において、ヒヤリ・ハット情報の共有を図る。
4 重大事故等を想定した実践的な訓練等を実施する。 ・関係機関(海上保安庁、警視庁、消防庁等)と連携し、船舶の重大事故を想定した実践的な訓練を実施するとともに、大規模災害に備えた訓練及び要領等を整備し、陸上スタッフ及び乗組員の対応能力の向上を図る。
・「2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会」開催に向けたテロ対策について、関係機関等と連携し、可能な限りの取組を実施する。
サイトマップ
  • 東京都公園協会のご案内
  • サイトポリシー・ガイダンス
  • 個人情報取り扱いについて