ページの先頭です

文字サイズ:

背景色:

庭園へ行こう。  > 旧古河庭園  > お知らせ

お知らせ

2018/11/21

21日のバラ・紅葉の状況【バラは5割の種類が開花中 モミジも色づき始め】紅葉は全体的にまだ青さが目立ちます

旧古河庭園181121レディ・メイアン.JPG

レディ・メイアン

旧古河庭園181121レオニダス(2).JPG

レオニダス

旧古河庭園181121紅葉の様子(6).JPG

渓谷(四阿跡)からの眺め

旧古河庭園181121紅葉の様子(10).JPG

枯滝付近はもう少し

旧古河庭園181121紅葉の様子(17).JPG

展望台からの紅葉がきれいです

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。
このように1日の寒暖差が大きくなってくると、紅葉の色づきも進みます。

旧古河庭園のモミジは現在色づき始めから少し進んだ状態。
まだ緑が多いですが、少しずつ赤い部分が増えてきています。
見頃は11月末を見込んでいます。
人気のフォトスポット・洋館前の紅葉はこの3連休にはかなり赤くなってくるのではないでしょうか。
さらに紅葉とともに秋バラもお楽しみいただけます!
秋バラは寒さに向かっていくため、花持ちも良いのが特徴。
今朝は50種類のバラの開花を確認し、ピークは過ぎましたがまだ花数の多い状態が続いています。
まだつぼみも多いので、「錦秋染まる旧古河庭園」期間中はそれなりのバラの種類をお楽しみいただくことができそうです。
園内はもうすっかり秋。
「秋バラを見逃した!」と思っている方、紅葉の見頃とともにぜひご来園お待ちしております。

それではバラの開花情報を案内いたしますので、ご参考になさってください。
21日現在、開花を確認しているのは

・青の軌跡
・レディ・メイアン
・ローズ・ヨコハマ
・レオニダス
・香貴
・ビッグ・ドリーム
・コンフィダンス
・アブラカダブラ
・朱王
・ニュー・アベマリア
・紫雲
・デザートピース
・オクラホマ
・フレンチレース
・ブルームーン
・エレガント・レディ
・カリフォルニア・ドリーミング
・ラ・フランス
・インカ
・プリンセス・オブ・ウェールズ
・ヨハネ・パウロ二世
・サマードリーム
・熱情
・カインダ・ブルー
・春芳
・メリナ
・イングリッド・バーグマン
・黒真珠
・カクテル
・緑光
・万葉
・ソニア
・マリア・カラス
・ブルー・ライト
・コンラッド・ヘンケル
・つるレディ・ヒリンドン
・ロサ・キネンシス・ヴィリディフローラ
・カーディナル
・ゴールデン・メダイヨン
・ホワイトクリスマス
・ユキサン
・リオ・サンバ
・ミスターリンカーン
・バルカロール
・初恋
・朝雲
・琴音
・スーパースター
・クイーン・エリザベス
・ムーン・シャドウ


です。(太字は本日開花確認)
また、現在レディ・メイアン、ゴールデン・メダイヨン、プリンセス・オブ・ウェールズなどの種類は見頃です。
旧古河庭園の11月はバラと紅葉が両方お楽しみいただける
、都内でも珍しい場所となっています!
和と洋が調和する庭園で、いつもとはひと味もふた味も違った秋をお楽しみいただけます。
秋の行楽にはぜひ当園へおいでください。

写真はすべて21日朝撮影。

◆11月17日(土)~12月2日(日)は「錦秋染まる旧古河庭園」
完成100年の歴史ある庭園で和と洋、紅葉とバラの対照的な二つの調和をご覧ください!
ご来園お待ちしております!


なお、旧古河庭園と徒歩約15分程度の六義園では「紅葉と大名庭園のライトアップ」を12月9日まで開催中。
両園をお得に入園できる「園結びチケット」も是非ご利用ください。
こちらのチケットを旧古河庭園でお買い求めいただくと、六義園では並ばずにご入園いただけます!
皆様のご来園お待ちしております!


開花状況はこのホームページお知らせ欄かツイッター(@kyufurukawa)でも案内しています。

●洋館は休館日や貸し切りがございます。洋館・喫茶・茶室の見学や休館日等については管理者(公財)大谷美術館へお問い合わせください。

ページの上部へ

2018/11/21

旧古河庭園100年記念イベント「錦秋染まる旧古河庭園」

完成100年を迎える旧古河庭園では、今年も紅葉の見頃に合わせて「錦秋染まる旧古河庭園」を開催します。
美しく色づいた紅葉とともに、津軽三味線や琵琶の演奏会、人力車の体験乗車もお楽しみいただけます。
バラや洋館だけでない、旧古河庭園の鮮やかな「和」の部分をご堪能ください。
なお、このイベント期間中はバラも咲かせています。
和と洋、紅葉とバラ。
欲張りなほど見どころたっぷりな100年を迎える秋の当園をお楽しみください。

旧古河庭園161121紅葉の様子(14)小.jpg

紅葉期の黒ボク広場付近からの洋館

20161117旧古0054(650KB).jpg

11月はバラと紅葉が楽しめる都内でも数少ないスポット!

201612030011.jpg

津軽三味線・小山兄弟(過去の様子)

旧古河庭園171202秋を彩る演奏会・琵琶①(6).JPG

琵琶・谷中琵琶style(昨年の様子)

20161117旧古0011(1MB).jpg

洋風庭園の奥にある日本庭園を知り、初めて旧古河庭園の魅力が分かります

平成30年11月17日(土)~12月2日(日)
9時~17時(最終入園は16時30分)


●秋を彩る演奏会 12時・15時(各回約30分) ※雨天中止
・津軽三味線 11月23日(金・祝) 出演:小山兄弟
・琵琶 11月24日(土) 出演:谷中琵琶Style
場 所 洋館横芝生広場
参加費 無料(入園料別途)

●臨時売店 期間中毎日 10時~16時 ※荒天中止
雑貨・ジェラート等の販売

●大正気分で人力車 ※雨天中止
学生の車夫が曳く人力車が洋館前を走ります。
写真撮影スポットとしてもご利用ください。
なお、体験された方には旧古河庭園100年記念特製缶バッジをプレゼント!

11月24日(土)11時30分~15時(受付 11時~14時30分)
定 員 80人
場 所 芝生広場アプローチ部分
参加費 無料(入園料別途)
協 力 學生俥屋

●伝統技能見学会 ※荒天中止
雪吊り等の実演・解説と作業体験
12月2日(日)10時・13時(各回約60分)
集合場所 サービスセンター前
参加費 無料(入園料別途)
定 員 各回30名(当日先着順・事前申込不要)


●和装で庭園へ
和装で来園された方には、先着100名様に旧古河庭園100年記念特製缶バッジをプレゼント!
11月24日(土)9時~17時(最終入園16時30分)



小山兄弟

兄 小山慶一
1992年、津軽三味線小山流入門。現在は小山流準総師範。2011年には坂本冬美・藤あや子博多座初夢公演・大阪新歌舞伎座特別企画公演で演奏する。1995年頃より、演奏活動を始める。ソロ演奏を中心に、ジャンルを越えて活動。

弟 小山慶宗
1995年、津軽三味線小山流入門。2012年には小山流師範取得。2010年、日本民謡フェスティバルに出演し、NHKホールにて演奏する。

兄弟共々各種イベント活動やボランティア活動を通し、日本伝統芸術の伝承、更には舞台、テレビ等に出演するなど、精力的に活動中。兄弟共に2015年『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』 全国5大ドームツアーに参加。同年12月31日、第66回紅白歌合戦石川さゆり『津軽海峡冬景色』に出演。翌年ARASHI”Japonism show"in ARENA 参加。


谷中琵琶Style
一人でも多くの人に琵琶を好きになって欲しい。
そんな思いで琵琶奏者の川嶋かわしま信子のぶこと久保田くぼた晶子あきこが2006年に谷中琵琶Styleを結成。琵琶の音が町に溶け込む風景を目指した事から、情緒ある谷中の町で活動をスタートさせた。本来は一人で弾き語る琵琶の可能性を探りながら、二人ならではの楽曲の創作やアレンジを行う。2015年7月に待望のファーストアルバム「あけぼの」を発売した。


學生俥屋
今から30年前に早稲田大学、明治大学の学生の有志を中心として作られた人力車サークル。
一に人、二に俥、三、四がなくて、五に推して知るべし。を信条とし、大切にしながら活動している。

ページの上部へ

2018/11/21

日本庭園内枯滝・州浜の景観が美しく蘇りました①

ぐり返し前2.JPG

枯滝作業前

ぐり返し後2.JPG

枯滝作業後

州浜前.JPG

州浜作業前

州浜後.JPG

州浜作業後

旧古河庭園では、日本庭園内心字池の枯滝・州浜の補修工事を約10年ぶりに行いました。

文化財庭園の管理とは、いかに当時の作庭者の意図をくみ取り、元の景観に近づけながら美しく維持していくかということです。
当時の写真や資料を探したり、有識者の方々のご意見をいただきながら
試行錯誤し、ついに七代目小川治兵衛の目指した往時の景観が蘇りました。
この作業は旧古河庭園だけでなく、浜離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園、清澄庭園、殿ヶ谷戸庭園の庭師も集まり、次世代へ文化財とともにこの技術を伝承していくという意味合いも込めて行われました。

枯滝の作業前後の写真はこちら

ぜひ旧古河庭園へいらっしゃった際にはバラ園の先にある日本庭園にも足を延ばし、生まれ変わった枯滝から州浜への流れをご覧いただければと思います。

ページの上部へ

2018/11/21

六義園と旧古河庭園 共通入園券「園結びチケット」の案内

旧古河庭園_H24_春_3(小).jpg

旧古河庭園:春バラの時期はライトアップも

旧古河庭園大滝紅葉500KB.JPG

旧古河庭園:バラだけでなく紅葉も見所

IMG_0455小.jpg

六義園:ライトアップされた大きなシダレザクラは見事

IMG_1687.JPG

六義園:秋の紅葉も素晴らしいです

【1212】A3六-旧古-001.jpg

皆様お馴染み、駒込の二つの名園をおトクに入園できる六義園と旧古河庭園の共通チケット「園結び」がリニューアル。
お値段は別々に購入するより50円お安い400円のまま、今度はチケット型に。
さらに今回多くのご要望をいただいていた、シニアの方用チケット(65歳以上券)も新登場!
別々に購入いただくより20円お得となる、200円での販売となります。
春はシダレザクラに春バラ、秋は秋バラに紅葉など、庭園の花の見頃に合わせて両園を行くときは、是非この園結びチケットをご利用ください。
さらに六義園では「園結び」をお持ちの方はお並びいただくことなくお入りいただけます!
もちろん今までと同じく、期限はございません!



★★★六義園・旧古河庭園 入園チケット★★★
園結びチケット<一般> 400円(50円お得)
園結びチケット<65歳以上> 200円(20円お得)
※有効期限はございません



○○六義園とは○○
柳沢吉保によって元禄 15 (1702) 年に造られた、回遊式築山池泉の大名庭園。春は大きなシダレザクラ、秋は紅葉が有名。シダレザクラと紅葉の見頃の時期に行われるライトアップは多くの人が訪れます。


※これまでの園結びポストカードをお持ちの方は引き続きご利用いただけます。

ページの上部へ

2018/11/21

【重要】平成30年の撮影・三脚・一脚・写生禁止期間について

三脚・一脚及びレフ板等の撮影機材を使用するもの、事前申請の必要なロケーション撮影、写生・スケッチにつきまして
以下の日程は多くのお客様が来園されることと、園路が非常に狭いことからご遠慮いただいています。

【禁止期間】
平成30年10月6日(土)~平成30年12月2日(日)

昨今、無許可での結婚衣装姿・コスプレ等の撮影も増えておりますが、バラ園・日本庭園問わずお断りさせていただいております。(海外からのお客様も同様です)
また、モデル撮影会等は園路が狭いことから通年ご遠慮いただいております。

また、上記期間以外にも維持管理のため一部区域で三脚・一脚の使用をお断りする場所がございます。
文化財保護のため、ご理解をお願いいたします。

バラや紅葉の時期はお客様が多く来園され、園内が大変混み合います。
多くの方に楽しんでいただくため、どうかご理解、ご協力をお願いします。

ページの上部へ

庭園へ行こう。  > 旧古河庭園  > お知らせ