公園へ行こう!ホーム > クローズアップ > 梅の香る庭園・公園へ行こう! > 梅の香る公園・庭園

梅の香る公園・庭園

芝公園

園内の芝丸山古墳の麓に約70本の紅梅・白梅が咲きます。
江戸時代から新宿角筈にあり「銀世界」と呼ばれた梅林を、明治41~42年頃に移植したという由緒があります。
毎年開花期には「梅まつり」が行われます。

日時:
「梅まつり」平成28年2月19日(金)・20日(土)
所在地:
港区芝公園4-10-17
電話:03-3431-4359
交通
JR「浜松町駅」から徒歩12分
地下鉄三田線「芝公園駅」「御成門駅」から徒歩2分
地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」から徒歩5分
地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩2分

芝公園の詳細を見る





神代植物公園

ウメはその気品と清楚さから、万葉集にも多く詠まれ、日本人に最も好まれる花木の一つです。神代植物公園には、約70品種、約180本が集められています。1月中旬に紅冬至、寒梅などから開花、2月中旬にはウメの香りで満たされます。

日時:
「梅まつり」平成28年2月2日(火)~3月6日(日)
2月8日(月)・15日(月)・22日(月)・29日(月)は休園日
所在地:
調布市深大寺元町5-31-10
電話:042-483-2300
交通:
JR中央線「三鷹駅」「吉祥寺駅」から小田急バス 調布または深大寺行き「神代植物公園前」下車
京王線「つつじが丘駅」から京王バス 深大寺行き「神代植物公園前」下車
京王線「調布駅」から小田急バス 吉祥寺または三鷹行き「神代植物公園前」下車

神代植物公園の詳細を見る





浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園には、八重寒紅・白滝枝垂・冬至・八重野梅・紅千鳥など、様々な種類の梅があります。見頃は3月上旬。早いものでは八重寒紅が1月から、枝垂梅は2月中旬が見頃です。

所在地:
中央区浜離宮庭園1-1
電話:03-3541-0200
交通:
<大手門口>
都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩12分
<中の御門口>
都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10番出口 徒歩5分
JR「浜松町」下車 徒歩15分
水上バス(日の出桟橋─浅草)
東京水辺ライン(両国・お台場行)「浜離宮発着場」下船
開園:
9時~17時(最終入園は16時30分)
休園:
年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料:
一般及び中学生 300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
20名以上の団体
一般及び中学生 240円
65歳以上 120円

浜離宮恩賜庭園の詳細を見る





六義園

園内には、渡月橋周辺を中心に約18本のウメがあり、早春にはウメの香りが漂う。

所在地:
文京区本駒込6-16-3
電話:03-3941-2222
交通:
JR・地下鉄南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分
開園:
9時~17時(最終入園は16時30分)
休園:
年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料:
一般及び中学生 300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
20名以上の団体
一般及び中学生 240円
65歳以上 120円
庭園ガイド
土曜日・日曜日・祝日 11時、14時(各回約1時間)
集合:サービスセンター前
参加費:無料

六義園の詳細を見る