旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園

JR浜松町駅すぐそばの旧芝離宮恩賜庭園は、小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。かつては、海水を引き込んだ池(潮入りの池)であったこともあり、砂浜や州浜など、潮入りの池の名残が楽しめます。現在は淡水の池をもつ回遊式庭園で、大小の島が浮かび、変化に富んだ池の形と随所に姿をみせる石組が見事です。園内はソメイヨシノを中心に約30本の桜があり、3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎えます。庭園と桜のコントラストをぜひお楽しみください。