公園なう

桜ヶ丘公園の「なう!」な写真が大集合 !季節のうつろいとともに毎日変わる 、都立公園のいちばん新しい「なう!」

桜ヶ丘公園171106ヨコヅナサシガメ002.JPG
越冬の準備に入るヨコヅナサシガメ
百地ヶ丘にたくさん植えられているケヤキの幹の上で、ヨコヅナサシガメの幼虫が冬越しのために樹皮の間に入り込もうと、集団でうごめいています。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園171031けやきの丘004.JPG
秋色深まる桜ヶ丘公園
台風一過、気温がぐっと下がり、公園内は一気に晩秋の様相となってきました。けやきの丘の斜面に植えられているケヤキやカツラの葉はかなり色づいてきました。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園171018ドウダンツツジ001.JPG
紅葉が始まりました
10月に入って気温の低い日が続いたからか、早くも紅葉が始まりつつあります。カツラの黄葉、ケヤキの紅葉などに続いてドウダンツツジの葉が赤く染まってきました。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園171014ミスジマイマイ001.JPG
雨後の園路をミスジマイマイが歩いていました。
雨に濡れた舗装路の上にミスジマイマイがいました。基本的に樹上生活をするカタツムリですが、カルシウム分を摂取するために園路に下りたのでしょうか。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園171009カツラ002.JPG
カツラの落葉で甘い香り
杉の辻周辺にたくさん植えられているカツラの木の黄葉が進んで、落葉も始まりました。杉の辻には落ち葉からの独特の甘い香りが漂い始めました。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園171001ホシヒメホウジャク005.JPG
ホシヒメホウジャクが吸蜜していました
ミゾソバのところで、ホシヒメホウジャクがハチドリのようにホバリングしながら花の蜜を吸っていました。ホウジャクの仲間は主に昼間に飛び回って吸蜜します。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園170925ツリフネソウ009.JPG
赤と黄のツリフネソウが入り混じって咲いてます
赤い実の道の脇の谷筋で2種類のツリフネソウが見ごろを迎えつつあります。紅紫色の花のツリフネソウと鮮やかな黄色の花のキツリフネが入り混じって咲き出しました。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園170901ツユクサ002.JPG
ツユクサが満開
9月に入って気温が少し下がってきたからか、トンボの広場の湿地の中でツユクサが大繁茂して、一面に空色の花が咲いています。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園170823谷戸の丘タマゴダケ001.JPG
タマゴダケ出現
一週間ほど前から雑木林の中などで、タマゴダケが出始めました。毒キノコが多く見られるテングダケの仲間ですが、タマゴダケに毒はありません。
桜ヶ丘公園にて
桜ヶ丘公園170818シロソウメンダケ006.JPG
シロソウメンタケが群生しています。
けやきの丘の園路際や百地ヶ丘のケヤキの下などの比較的明るい林床に8月に入ってからシロソウメンタケが群生するようになっています。
桜ヶ丘公園にて