公園へ行こう! 東京都公園協会
「公園へ行こう!」は公益財団法人東京都公園協会が運営しています。
サイトマップ お問い合わせ
よくあるご質問 English

公園・庭園を探すイベントを探すスポーツ施設を探す特集コンテンツ 「緑と水」の市民カレッジ東京パークフレンド 緑化基金 サポーター基金ボランティア 水上バス「東京水辺ライン」
公園へ行こう!ホーム > 公園・庭園を探す > 霊園のご紹介 > 沿革

霊園のご紹介

沿革

 江戸時代においては、寺請制度により各寺院がその付属墓地に各檀家の埋葬を行ってきましたが、明治政府は明治7年6月、朱引内での埋葬を禁ずるとともに「墓地取扱規則」を設け、青山神葬祭地ほか9か所を市民のための公共墓地として指定しました。

 これを受けて東京府は、東京会議所(現在の東京商工会議所の前身)に命じて、指定9か所のうち、青山、同立山、雑司ケ谷、染井、亀戸、谷中の8か所を造成、明治7年9月1日開設し、これに関するすべての事務を会議所に委任しました。その後明治9年(1876年)に、墓地の造成、管理事務は会議所から東京府に引き継がれ、墓地の管理は、墓地の所在する区で扱うこととなりました。
 明治22年(1889年)には、市町村制の施行に伴い東京市に移管され、同年5月に青山(立山を含む)、雑司ケ谷、染井、谷中、亀戸、澁谷の6墓地が市区改正設計(都市計画の前身)における公共墓地に指定されました。

 その後、明治から大正にかけての東京市街の急激な発展に伴い、既存の4墓地はほぼ全て使用許可済になり、また深川、亀戸、羽根沢(澁谷)、橋場の4墓地が前後して整理廃止されたため、新しい墓地を造成する必要に迫られることとなりました。これを受けて郊外三方面に墓地新設の構想が計画され、その第1号として大正12年(1923年)4月多磨墓地が開設されました。この多磨墓地は我が国古来の習俗を基本としながら、ドイツの森林墓地を参考にした、我が国初めての公園墓地です。
 続いて昭和10年(1935年)7月に八柱霊園が千葉県松戸市に開設されました。(これを機に墓地の名称を霊園に改めました。)

 昭和18年(1943年)7月都政施行により市営霊園は東京都に引き継がれ、全都民の需要をまかなうことになりました。その後昭和23年(1948年)5月には小平霊園が、昭和46年(1971年)4月には八王子霊園が建設され、都立霊園は計8ヶ所となり現在に至っています。
 都立霊園では、従来からの一般墓地(一般埋蔵施設)のほか新形式墓地を開発してきました。昭和9〜13年には収蔵施設という新たな形式の施設として、多磨霊園、八柱霊園の納骨堂、雑司ヶ谷霊園の崇祖堂があいついで設けられました。昭和46年に開設した八王子霊園の墓域は、全て芝生墓地(芝生埋蔵施設)としたのをはじめ、平成3年度には東京都新霊園等構想委員会の答申に基づき新形式墓地である壁墓地(壁型埋蔵施設)の供給を八柱霊園ほか2霊園で開始しました。さらに都民の多様な墓地需要に対処するため、多磨霊園内に集約化、立体化された屋内の墓所(長期収蔵施設)をみたま堂(納骨堂)内に設置し、平成5年度から供給を開始しました。

 近年では、平成9年3月の東京都霊園管理問題等検討委員会答申で提言された、一つのお墓に多くの遺骨を一緒に埋蔵するという新しい形態の墓地である合葬式墓地(合葬埋蔵施設)を小平霊園及び多磨霊園に設置し、供給しています。また、区部霊園の再生事業の一環として平成17年には、青山霊園で埋蔵施設の供給を開始し、平成22年からは谷中霊園でも供給をはじめました。
 なお、平成18年4月1日からは指定管理者として、公益財団法人東京都公園協会が8霊園及び瑞江葬儀所の管理運営を行っています。



 公園へ行こう!ホーム > 公園・庭園を探す > 霊園のご紹介 > 沿革 このページの先頭へ
東京都公園協会のご案内  オンラインショップ  携帯コンテンツのご案内
サイトポリシー・ガイダンス  個人情報取り扱いについて Copyright ©公益財団法人 東京都公園協会. All rights reserved.