ページ内移動用のメニューです。


使用者の方の手続きについて

1 使用許可証

使用許可証は、立体埋蔵施設を使用する権利を示す唯一の証書です。ご遺骨を埋蔵する場合や改葬する場合、名板の刻字工事を行う場合等の手続きの際に必要となります。

他人に預けたり貸したりすることのないよう、必ず使用許可を受けた人(使用者)が大切に保管してください。使用者の死亡等により名義を変更する場合は、速やかに承継(使用者の変更)手続きをしてください。

2 使用上の注意

  1. (1)立体埋蔵施設は一般埋蔵施設の対面墓参の利点と合葬埋蔵施設の管理不要の利点を併せ持つ新しい形態のお墓です。一区画に3体まで、現在の使用者とその親族の遺骨を埋蔵することができます。
  2. (2)埋蔵された遺骨は、使用許可日から起算して20年間は地上にあるカロートに骨壷の状態で埋蔵し、その後は遺骨を骨壷から出して、施設内にある地下カロートに共同埋蔵(合祀)します。使用許可日から20年を過ぎて埋蔵する場合は、最初(納骨時点)から地下カロートに共同埋蔵されます。名板・骨壷は20年後共同埋蔵の際に東京都で処分いたします。共同埋蔵された後の遺骨の返還はできません。
  3. (3)「法事等」を行う場合は、事前にお使いの都立霊園窓口に届け出の上、お墓の正面に設けられた参拝広場で行ってください。なお、参拝をする他の方のご迷惑にならないように、短時間かつ少人数でお願いします。
  4. (4)献花台には、花及び線香以外のものを置くことはできません。また、供物や卒塔婆等の持ち込みは固くお断りします。

3 遺骨の埋蔵(納骨方法)

  1. (1) 申込遺骨は、許可を受けた日から3年以内に埋蔵しなければなりません(3年以内に埋蔵しない場合は、使用許可が取り消されます。)。
  2. (2) 既に他の墓所や納骨堂に納骨されている遺骨を都立霊園に納める場合は、あらかじめ改葬の許可を得る必要があります。
  3. (3) 立体埋蔵施設には、火葬した遺骨でないと埋蔵できません。土葬した遺骨を改葬する場合は、必ず火葬してください。
  4. (4) 埋蔵する場合は、あらかじめお使いの都立霊園窓口にご予約のうえ、下記の書類を持参し、手続きを行ってください。
  5. (5) 遺骨の埋蔵は、職員が行います。使用者及び関係者がカロート及びカロート裏側の管理区域に入ることはできませんので、あらかじめご了承ください。
  6. (6) 埋蔵する骨壷の大きさは、幅、奥行きとも25cm 以内、高さ28cm以内で不朽性のものにしてください。
  7. (7) 副葬品の埋蔵はできません。

遺骨の改葬手続き

既に墓所や納骨堂に埋蔵・収蔵されている遺骨を別の墓所や納骨堂に移すことを「改葬」といい、「改葬許可証」が必要となります。

改葬許可証は、現在、遺骨が埋蔵・収蔵されている墓所や納骨堂が所在する市区町村が発行します。申請手続きについては、事前に当該市区町村にお問い合わせください。

4 施設の工事・設備制限

  • 備付けの名板及び墓誌に刻字をすることができます(費用は自己負担)。
  • 名板に刻字をする場合は、「使用許可証」及び「印鑑」を持参し、あらかじめお使いの都立霊園窓口に「簡易工事届」(様式は都立霊園窓口に備えてあります。)を提出してください。詳しくはお使いの都立霊園窓口にお問い合わせください。
  • 名板には、使用者の家名、埋蔵者名(本名)、生年、没年のほかは刻字できません。

  • 墓誌に刻字をする場合は、「使用許可証」を持参し、あらかじめお使いの都立霊園窓口に「簡易工事届」(様式は都立霊園窓口に備えてあります。押印する必要があります。)を提出してください。
  • 墓誌に刻字できるお名前は、埋蔵者名(本名)です。刻字の位置や寸法、字体等については定められていますので、お使いの都立霊園窓口にご確認ください。

5 各種届出、申請

次の場合には、速やかに都立霊園窓口又は公園協会霊園課において所定の手続きをしてください。

(1)使用者の住所を変更したとき

使用者が住所を変更したときは、お近くの都立霊園窓口又は公園協会霊園課へ速やかに書面により届け出てください。郵送又はファックスによる届出も可能です。郵送又はファックスの場合は、下記の事項を記載し、公園協会霊園課宛にお送りください(ファックス番号:03-3232-3194)。

(2)使用者の本籍、氏名を変更したとき

使用者が婚姻等により本籍、氏名を変更したときは、下記の書類をご用意の上、お近くの都立霊園窓口又は公園協会霊園課へ届出をしてください。

(3)使用許可証の再交付を受けるとき

使用許可証を紛失したときや破損したときは、使用者は使用許可証の再交付を受けることがで きますので、下記の書類等をご用意の上、お近くの都立霊園窓口又は公園協会霊園課で再交付の 申請をしてください。

※再交付手数料は、平成24年4月現在のものです。

(4)使用者(名義人)を変更するとき

使用者の死亡、婚姻等によって使用者を変更する場合は、お近くの都立霊園窓口又は公園協会霊園課で承継申請手続(名義変更)をしてください。特に、使用者が亡くなった後に、新たに埋蔵や施設の返還等をされる場合には、予め承継手続を行っていないと埋蔵や返還等ができなくなります。必ず手続きをお願いします。

承継申請手続(名義変更)に必要な書類

使用者を変更し、墓所を受け継ぐことを承継といいます。都立霊園を承継する方は、(1)祭祀主宰者であること(2)原則として使用者の親族であることが条件となります。承継手続には、次の共通書類のほか、変更理由や承継者により異なる書類が必要になります。事前にお近くの都立霊園窓口又は公園協会霊園課にご相談の上、必要書類等を整えて手続きしてください。

※祭祀主宰者とは前祭祀主宰者(=前名義人)からお墓等を引き継ぎ守るとともに、葬儀・法要の喪主・施主を務めるなど祖先や先故者の供養をしていく方のことをいいます。

1)共通書類((1)と(2)の用紙は、都立霊園窓口又は公園協会霊園課に備えてあります。)

2)変更理由等により共通書類のほかに必要となる書類(下記の表をご参照ください。)

次の場合には、お使いの都立霊園窓口にご相談の上、所定の手続きをしてください。

(5)施設を使用しなくなったとき(施設の返還)

使用許可日から20 年の間に使用している立体埋蔵施設を使用しなくなった(使用を終了された)場合は、下記の書類等をご用意の上、お使いの都立霊園窓口で速やかに返還の手続きをしてください。既に埋蔵済みの場合は、埋蔵した全ての遺骨を改葬していただく必要があります。
使用許可日から20年経過後は、地下カロートに共同埋蔵(合祀)された遺骨の返還はできません。

なお、使用許可を受けた日から3年以内に返還届を提出し、遺骨の改葬をされた場合は、お納めいただいた使用料の半額(分納の場合は、返還する時期により清算の必要があります。)をお返しいたします。

6 献花

毎年10月1日(都民の日)に、墓地管理者が埋蔵者に対し、献花を行います。

7 使用許可の取消し

次の場合には、東京都霊園条例の規定により、使用許可を取り消し、又は原状回復等を命じる ことがあります。

  • 使用許可を受けた施設を他人に貸し、又は使用する権利を譲渡したとき。
  • 使用許可を受けた日から3年を経過しても埋蔵しないとき。
  • 東京都霊園条例第2章の規定に違反し、又は同章の規定による命令に違反したとき。
  • 使用許可に当たって付した条件に違反したとき。
  • 偽りその他不正な手段により、許可又は承認を受けたとき。

〔許可に付する条件〕

  • 東京都霊園条例及び東京都霊園条例施行規則の規定を遵守すること。
  • 使用者は、使用許可を受けた施設を民法に規定する善良なる管理者の注意をもって使用すること。
  • 使用許可を受けた日から20年を経過した後、遺骨を施設内の指定された区域に他の遺骨と共に埋蔵することに同意すること。
  • 使用者の責に帰すべき事由によって知事が設置した施設又はこれに附属する設備を損傷したときは、補修し、又はこれに要する費用を賠償すること。
  • 使用許可を受けた施設に備え付けた名板に刻字をするときは、あらかじめ知事に届け出て、別に定める制限に従うこと。
  • ※上記の〔許可に付する条件〕は標準的なものです。個々の使用者ごとの条件については、使用許可証に記載されていますので、ご確認ください。