見どころ

モミジ

view03601.jpg

新緑の頃、そして11月下旬から12月始めの紅葉の頃、紅葉亭から見下ろす紅葉と池の眺めは絶景です。

武蔵野の植生

都市部に残された数少ない武蔵野らしさが感じられる植生が見られます。樹木のみならず野草も多く、武蔵野の雑木林の春を彩るカタクリやニリンソウといった花をはじめ、今では貴重になった野の花にも出会うことができます。

モッコク

園内で一番多い木は岩崎氏が好んで植えたといわれるモッコクで、その数は300本をこえます。
また、崖下にモウソウチクの林があり、景観に変化をそえています

湧き水と池

view03604.jpg

池の水源である湧き水は、古くは「次郎弁天の清水」と言われた名水でした。春から初夏にかけカルガモがきます。

鹿おどし

view03605.jpg

紅葉亭のすぐ脇には、井戸水を利用した鹿おどし(ししおどし)があり、庭園に音の風情を加えています。

ページの先頭へ戻る