蘆花恒春園 見どころ

見どころ_花の丘.JPG

花の丘区域

長野県高遠町よりいただいた高遠小彼岸桜(15本)をはじめ藤棚、萩のトンネル等四季折々に花々が咲き誇ります。中央の5つの花壇はコスモスをはじめヒマワリ、菜の花等四季感あふれる草花の彩りも楽しむことができます。
随所にある休憩所で草木や草花を見ながらそよ風に吹かれ一休みするのも気分爽快です。

見どころ_蘆花記念館.jpg

蘆花記念館

邸地とともに寄贈された身辺具、作品、原稿、手紙、農工具などの遺品を収めるために昭和34年に建設。遺品の一部を展示し、一般に公開しています。

見どころ_墓地.JPG

夫妻の墓

恒春園の東に小径を辿ると夫妻の墓があります。長兄の徳富蘇峰氏が銘を刻んだ自然石の墓碑で、クヌギの木立に囲まれています。

草地広場

雑木林に囲まれたこの広場でおもいのままに楽しんでみてはいかがでしょう。お弁当を広げ家族だんらんでくつろぐのも良いものです。又、園内をウォーキングやジョギングをする人も見かけられます。

フィールドアスレチック広場

環八通り沿いにある多種多様なフィールドアスレチック施設で存分に楽しみながら鍛錬できます

児童公園

スベリ台、ブランコ、シーソー、砂場等があり子供達の絶好の遊び場として人気をよんでいます。いつもはしゃぎ声が絶えません。

竹林

園内にはすがすがしいモウソウチクの林があります。これは、蘆花が植えたものです。また、クヌギ、コナラ等の雑木が目につきます。これらが、茅葺きの母屋や秋水書院、梅花書屋と相まって、蘆花が愛した武蔵野の面影をしのばせます。

世田谷文学館

世田谷ゆかりの文学者約55人の原稿・書簡・初版本・写真・遺品などの貴重な資料を常時展示。年間を通して催し物があります。(蘆花恒春園より徒歩10分)

公園を探そう