公園へ行こう! 東京都公園協会
「公園へ行こう!」は公益財団法人東京都公園協会が運営しています。
サイトマップ お問い合わせ
よくあるご質問 English

公園・庭園を探すイベントを探すスポーツ施設を探す特集コンテンツ 「緑と水」の市民カレッジ東京パークフレンド 緑化基金 サポーター基金ボランティア 水上バス「東京水辺ライン」
公園へ行こう!ホーム > 公園・庭園を探す > 旧古河庭園 > 公園概要

旧古河庭園

公園概要

 武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
 この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。
 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士(1852〜1920)です。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計し、我が国の建築界に多大な貢献をしました。
 日本庭園の作庭者は、京都の庭師植治こと小川治兵衛(1860〜1933)であり、彼は当園以外にも、山県有朋の京都別邸である無鄰菴、平安神宮神苑、円山公園、南禅寺界隈の財界人の別荘庭園などを作庭し、造園界に多大な貢献をしました。

 戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などを取り入れて、東京都が国から無償で借り受け、一般公開されました。
 数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない重要な事例であるとして、平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝指定を受けました。

基本情報

開園年月日 昭和31年4月30日
開園面積 30,780.86平方メートル(平成22年5月31日現在)
樹木数 2,400本
2,400株
主な植物 モミジ、シイ、ヒサカキ、ダイオウショウ、モチノキ、ネズミモチ、ヤブツバキ、ツバキ、イヌビワ、サクラ、ハゼノキ、マツ、ヒマラヤスギ、ツツジ、バラ、イイギリ、シャガ、ブラシノキ、ハナショウブ、ヒガンバナ、サザンカ
施設 【開園時間】
 午前9時〜午後5時
 (入園は午後4時30分まで)
【休園日】

・維持管理の都合上、例年12月〜2月に3日ほど、午後のみ休園とさせていただきます。詳細はお知らせページでお伝えします。


・年末・年始(12月29日〜翌年1月1日まで)



 ※イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長が
  行われる場合もあります。
 ※文化財は後世に残すべき貴重な財産であり、これを守る
  ために定期的な保存修理工事を要します。ご理解とご協
  力をお願いいたします。
 ※旧古河庭園は、文化財保護法(第2条)により芸術上又
  は観賞上価値の高い庭園として、国指定名勝に指定され
  ており、将来の文化向上発展の基礎をなすものであるた
  め、その保存が適切に行われるように、周到の注意をも
  って多くの方に静かに観賞していただいている施設です
  ので、ペット連れの入園はお断りしております。
  
【入園料】
一般及び中学生 150円
65歳以上      70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
20名以上の団体
 一般及び中学生 120円
 65歳以上 50円
 
※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
 
 無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
 
【年間パスポート】
大人      600円
65歳以上   280円 
  
洋館・茶室((財)大谷美術館の管理)
※洋館建物内の見学は、往復はがきによる事前の申し込みが原則です。
(TEL03-3940-1566)
★詳細については、施設紹介をご覧ください。

公園・庭園を探す

旧古河庭園


 公園へ行こう!ホーム > 公園・庭園を探す > 旧古河庭園 > 公園概要 このページの先頭へ
東京都公園協会のご案内  オンラインショップ  携帯コンテンツのご案内
サイトポリシー・ガイダンス  個人情報取り扱いについて Copyright ©公益財団法人 東京都公園協会. All rights reserved.