旧岩崎邸庭園 この公園について

outline03501.jpg

旧岩崎邸庭園は1896年(明治29年)に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として造てられました。往時は約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいました。現在は3分の1の敷地となり、現存するのは 洋館・撞球室・和館の3棟です。木造2階建・地下室付きの洋館は、鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルの設計で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。館内の随所に見事 なジャコビアン様式の装飾が施されていて、同時期に多く建てられた西洋建築にはない繊細なデザインが、往事のままの雰囲気を漂わせています。

別棟として建つコンドル設計の撞球室(ビリヤード場)は当時の日本では非常に珍しいスイスの山小屋風の木造建築で、洋館から地下道でつながっていま す。洋館と結合された書院造りの和館は当時の名棟梁大河喜十郎の手によるものと言われています。床の間や襖には、明治を代表する日本画家・橋本雅邦が下絵を描いたと伝えられる障壁画などが残っています。現存する大広間を中心に 巧緻を極めた当時の純和風建築をかいま見ることができます。
大名庭園を一部踏襲する広大な庭は、建築様式と同時に和洋併置式とされ、「芝庭」をもつ近代庭園の初期の形を残しています。
昭和27年(1952)年に国有財産となりました。戦後GHQに接収され、返還後、最高裁判所司法研修所かどとして使用(~1970年)されました。昭和36年(1961年)に洋館と撞球室が重要文化財に指定。昭和44年(1969年)に和館大広間は洋館東脇にある袖塀とともに、平成11年(1999年)に煉瓦塀を含めた敷地全体と実測図がそれぞれ重要文化財に指定されました。

outline03502.jpg
開園年月日
平成13年10月1日
開園面積
18,235.47平方メートル(平成27年7月1日現在)
主な植物
サクラ類、イチョウ、モミジ類、モッコク、トウジュロ、ヒマラヤスギ、カントウタンポポ、オドリコソウ、ボタン
施設
洋館、撞球室、和館(一部入場制限があります)

年間カレンダー

見られるもの イベント
ソメイヨシノ オオシマザクラ オドリコソウ カントウタンポポ ボタン 午後のミニコンサート  探検!旧岩崎邸 講演会・近現代建築史シリーズ 
ガクアジサイ モッコク キツネノカミソリ 七夕飾り 子どもわくわく体験ウィーク コンサート
午後のミニコンサート オータムイベント 講演会・近現代建築史シリーズ 金唐紙ワークショップ 紅葉めぐりスタンプラリー
伝統技能見学会 正月開園 午後のミニコンサート

ご利用について

ペットをお連れの方へ
有料公園(都立庭園・植物園等)は、公園管理上、犬などのペット連れでの入場はお断りしています。
AED設置公園施設
この公園施設ではAEDを設置しています。お客様の安全安心確保に努めています。
喫煙マナーのお願い
喫煙は、多くの利用者が集まる場所・広場や受動喫煙のおそれがある場所などではご遠慮いただいております。公園内における喫煙マナーについて、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
撮影について

よくあるご質問

Q.見学したいのですが、予約は必要ですか?
A.予約は必要ありません。
15名様以上のグループで平日の団体向けガイドを希望される場合は、2週間前までにお申し込みください。
混雑状況によっては、お受け出来ない場合がございます。

Q.駐車場はありますか?
A.駐車場はございません。
近隣の民間有料駐車場をご利用下さい。もしくは公共の交通機関をご利用ください。

Q.庭だけ見る場合は無料で入れますか?
A.建物に入らず、芝庭だけご覧になる場合でも入園料が必要です。

Q.喫煙所はどこにありますか。
A.当園は重要文化財に指定されています。
建物保護のため、園内での喫煙はご遠慮いただいております。ご理解、ご協力をお願いいたします。

Q.バラは咲いていますか?
A.いいえ、当園にバラはありません。
同じコンドル設計の洋館があり、名前が似ている「旧古河庭園」には、見事なバラ園があります。
「旧古河庭園」のバラについては、下記の電話番号へお問い合わせください。

▼こちらから入ることができます
旧古河庭園サービスセンター 電話:03-3910-0394

Q.園内でスケッチはできますか?
A.できます。
ただし、文化財保護の観点と他のお客様とのトラブル回避のため、下記のような注意事項があります。
●工事中などでスケッチが難しい場合がありますので、事前にお電話にてお問い合わせください(旧岩崎邸庭園サービスセンター:03-3823-8340)。特に、グループでスケッチにいらっしゃる場合は、必ずご一報くださいますようお願いいたします。
●建物内でのスケッチはできません(撞球室前テラス部分含む)。また、土日祝日は洋館正面側からのスケッチはできません。窓口でスケッチ可能範囲を示したマップをお配りしております(FAX等でお送りすることも可能ですので、事前にお問い合わせください)。
●園内への油性の画材のお持込および使用はできません。
●折り畳みイスをお持ちください。植物保護および文化財庭園としての特性上、レジャーシートのご利用はご遠慮いただいております。また、園内備え付けのイス、ベンチ、縁台、庭石、石階段などには座らないでください。
●園内は火気厳禁です。火を直接使用する携帯用蚊取り線香などは使用できません。電池式の携帯虫除け用具や防虫スプレーなどのご利用をお願いいたします。
●縁石、ロープ柵、竹柵などで囲まれた立入禁止区域でのスケッチはできません。窓口でお配りするスケッチ可能範囲を示したマップでご確認ください。
●筆やパレットなどを洗った水を芝生地や植込地、園路など地面に捨てず、洗面所にお捨てください。

Q.撮影はできますか?
A.個人的な平日の撮影に限り邸宅内の撮影も可能です。
又、地下の撮影はご遠慮となりますので、ご了承ください。
撮影に関しては下記の注意事項をお守りください。
事故防止・重要文化財保護のため皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
(注意事項)
●館内撮影は平日のみお楽しみいただけます。無料開園日など混雑の予想される日や、土曜・日曜・祭日はご遠慮いただきます。
●建物に寄りかかっての撮影、またフラッシュ撮影は出来ません。
●三脚・自撮り棒などの長い物は持ち込めません。また、機材を人や建物にぶつけないようお気をつけください。
●階段での撮影は出来ません。
●一箇所に長時間留まっての撮影はご遠慮ください。譲り合っての撮影にご協力ください。
●館内での集合写真は、ご遠慮をお願い致します。
●人止めは出来ません。また、他のお客様の観覧の妨げとなる撮影はご遠慮ください。
●当園のスタッフからの注意事項をお守りください。 なお、一定の面積を占める撮影につきましては、商用か個人用かに関係なく、許可申請と撮影料金が必要となりますので、原則2週間前までにお申込くださいませ。なお、土日祝祭日など混雑が予想される日は、事前申込による撮影をお断りしております。あらかじめお電話にてお問い合わせください(旧岩崎邸庭園サービスセンター:03-3823-8340)。

Q.建物内に冷暖房施設やエレベーターはありますか?
A.いいえ、ありません。
重要文化財に指定されている貴重な明治時代の建造物ですので、ご理解くださいますようお願いいたします。

Q.車椅子で見学できますか?
A.芝庭および洋館1階をご見学いただくことができます。
当園にはお貸し出し用として、オフロード(屋外)用車椅子1台、洋館1階用車椅子3台をご用意しております。
また、車椅子でご利用いただけるトイレは、屋外に1カ所あります。
重要文化財の特性上、園内には段差が多くあるなどご不便をおかけいたしますので、詳細につきましては事前にお問い合わせくださいますようお願いいたします(旧岩崎邸庭園サービスセンター:03-3823-8340)。

Q.レストランなど食事のできる施設はありますか?
A.いいえ、園内にレストランなど食事のできる施設はありません。
和館に御茶席があり、季節のねりきりがついたお抹茶セットや岩崎家ゆかりの小岩井農場の商品などをご用意しております。ご見学後のご休憩にぜひご利用くださいませ。皆様のご利用をお待ちしております。

▼こちらから入ることができます
旧岩崎邸庭園 御茶席

Q.園内への飲食物の持ち込みはできますか?
A.お持ち込みは可能ですが、飲食は芝庭のみでお願いしております。
なお、酒類の持込、飲酒はできません。
芝庭ご利用の際は、園内備え付けのテーブル、椅子、縁台をご利用ください。植物保護および文化財庭園としての特性上、レジャーシートのご利用はご遠慮いただいております。

公園を探そう