この公園について
旧古河庭園161117紅葉の様子HP用B.jpg

武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でしたが、次男が古河家の養子になったのち、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。
現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士(1852~1920)です。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計し、我が国の建築界に多大な貢献をしました。
日本庭園の作庭者は、京都の庭師植治こと小川治兵衛(1860~1933)の手によるものであり、彼は当園以外にも、山県有朋の京都別邸である無鄰菴、平安神宮神苑、円山公園、南禅寺界隈の財界人の別荘庭園などを作庭しました。

戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などを取り入れて、東京都が国から無償で借り受け、一般公開されました。
数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であ り、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない重要な事例であるとして、平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝 指定を受けました。

バラと洋館260KB.jpg

年間カレンダー

見られるもの イベント
春 ウメ(2月中旬~3月中旬)
ツツジ(4月中旬~下旬)
バラ(5月中旬~6月下旬)
見られるもの サクラ(3月下旬~4月上旬)
シャガ(4月中旬~5月上旬)
ブラシノキ(5月中旬~下旬)
イベント 5月:中旬 春のバラフェスティバル(ライトアップあり)
夏 見られるもの ハナショウブ(6月中旬) イベント
秋 バラ(10月中旬~11月下旬)
紅葉(11月中旬~12月上旬)
モミジ、イイギリ、イヌビワ、ハゼノキ
見られるもの ヒガンバナ(9月中旬~下旬)
サザンカ(10月下旬~11上旬)
イベント 10月:中旬 秋のバラフェスティバル
11月:上旬 文化財ウィークの庭園ガイド
11月:下旬 錦秋染まる旧古河庭園
冬 見られるもの ツバキ(2月下旬~4月上旬) イベント 1月2日・3日 正月開園

ご利用について

ペットをお連れの方へ

有料公園(都立庭園・植物園等)は、公園管理上、犬などのペット連れでの入場はお断りしています。

AED設置公園施設

この公園施設ではAEDを設置しています。お客様の安全安心確保に努めています。

喫煙マナーのお願い

喫煙は、多くの利用者が集まる場所・広場や受動喫煙のおそれがある場所などではご遠慮いただいております。公園内における喫煙マナーについて、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

よくあるご質問

Q.バラの見頃はいつですか?
A.見頃は春バラ:5月中旬(二番花は6月下旬)・秋バラ:10月中旬です。
春バラは6月末まで、秋バラは11月末まで咲いています。
気候によって開花時期が変化いたしますので、お出かけ前に旧古河庭園ホームページ「お知らせ」ページでご確認いただくか、直接お問い合わせください。
旧古河庭園サービスセンター 電話:03-3910-0394

Q.園内で写生はできますか?
A.はい、できます。
ただし、文化財保護のため、水彩画及び硬筆によるスケッチに限らせていただいております。
また、園路が非常に狭いため、春と秋のバラの開花期は、イーゼルや椅子の使用の有無に関わらず、写生(スケッチ含む)は、ご遠慮いただいております。
禁止期間がございますので、詳しい日程については旧古河庭園ホームページ「お知らせ」ページや園内の掲示等により発表いたします。
なおバラの開花期に関わらず、グループや学校行事等、団体での写生につきましては、お手数をおかけしますが事前にサービスセンターへご相談ください。日程や規模によっては、お受けできないことがあります。

Q.園内で撮影はできますか?
A.はい、できます。
個人的なスナップ撮影や記念写真等は、他のお客様へご迷惑をかけないように行っていただく限りは問題ありません。
(但し、レフ板を使用しての撮影はできません)
また商用か個人用かに関係なく、婚礼やコスプレ等、園内を利用しての一定の面積を占める撮影は、事前の協議と占用料金が必要となりますので、必ず事前にサービスセンターへお問い合わせください。

なお、バラの開花期等の園内が混み合う期間は、園路が非常に狭いため占用での撮影はできません。
この時期はスナップ撮影でも機材(三脚・一脚等)を使用する撮影は、ご遠慮いただいております。
昨今、無許可での結婚衣装姿・コスプレ等の撮影も増えておりますが、バラ園・日本庭園問わずお断りさせていただいております。
(海外からのお客様も同様です)
ご不明な点、詳細については以下にお問い合わせください。

庭園での撮影について 電話:03-3910-0394
建物(洋館と茶室)での撮影について (公財)大谷美術館 電話:03-3910-8440

Q.月曜日は開園していますか?
A.庭園は、月曜日も開園しています。
休園日は年末年始(12月29日~1月1日)のみです。
ただし、平成29年12月11日(月)、平成30年1月15日(月)、同2月19日(月)は
午後12時~17時まで休園となりますので、ご注意ください。
洋館と茶室については、次項をご覧ください。

Q.洋館はいつでも自由に入れますか?
A.洋館の見学は事前予約制です。
往復ハガキによる事前申込が原則となっています。
詳しい予約方法はテープによる放送で24時間ご案内していますので、次の電話番号へおかけください。
電話:03-3940-1566

夏季・冬季は原則として月曜日がお休みとなっています。
また、結婚式などの貸切で見学会を実施しない日や、臨時休業の場合がありますので
下記連絡先に事前にお問い合わせください。

日本庭園のお茶室は、夏季・冬季はお休みです。

そのほか洋館・お茶室の詳細につきましては、
(公財)大谷美術館 電話:03-3910-8440へお問い合せください。(受付時間9:00~17:00)
詳しくはこちら
http://www.otanimuseum.or.jp/kyufurukawatei/

Q.食事のできる施設はありますか?
A.園内にはレストランはございません。 
喫茶やお茶室については、上記の(公財)大谷美術館連絡先へお問い合わせください。

Q.染井門は開いていますか?
A.通常の出入口は正門一箇所のみとなります。

Q.ペットを連れての入園はできますか?
A.ペットを連れての入園はお断りしております。ご了承ください。

Q.園内で喫煙できますか?
A.当園は分煙のため灰皿のある所定の場所でお願いします。

Q.最寄りの駅から、バスで行くことはできますか?
A.駒込駅南口から、北区内を循環するコミュニティバス(Kバス)が出ています。
「旧古河庭園」下車です。

お問い合せ先:北区 交通担当課 交通計画担当
TEL:03-3908-9216
詳しくはこちらをクリックしてください。→「北区コミュニティバス

ページの先頭へ戻る